人民委員会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
人民委員会議議長から転送)
移動: 案内検索

人民委員会議(じんみんいいんかいぎ、ロシア語: Совет народных комиссаров)は、ロシア・ソビエト共和国とその後継国家であるソビエト連邦、そしてソ連の各構成共和国1917年から1946年まで使用されていた、行政府の名称である。略称はСНКソヴナルコム (совнарком)。

沿革[編集]

最初の人民委員会議であるロシア・ソビエト共和国人民委員会議ロシア語版は、全ロシア中央執行委員会ロシア語版労働者・兵士代表ソビエト第2回全ロシア大会ロシア語版1917年10月27日法令によって、「国家業務の個々の部門を管理する」ことを目的として形成が定められた。その後、同様の機構がソビエト連邦各構成共和国と各自治共和国にも形成された。

立法権行政権の分離はソビエト共和国の活動にそぐわない。人民委員会議は立法、執行、行政についての直接的権限を有する。

全露中執委におけるヤーコフ・スヴェルドロフ1918年4月1日の発言[1]

ソビエト連邦において政府の役割を果たすことになるソビエト連邦人民委員会議は、ソ連の成立から半年が経過した1923年6月6日に形成された。

1946年に、すべての人民委員会議は閣僚会議 (ru) へと名称を変更した[2]

主な人民委員会議[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Сергей Земляной — Невидимая рука Учраспреда — Отечественные записки
  2. ^ О преобразовании Совета Народных Комиссаров СССР в Совет Министров СССР и Советов Народных Комиссаров союзных и автономных республик — в Советы Министров союзных и автономных республик : закон от 15 марта 1946 года (ru) // Ведомости Верховного Совета СССР : сб. — 1946. — № 10.