久保猪之吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
久保猪之吉
大礼服着用の久保猪之吉(1934年)
人物情報
生誕 1874年12月26日
日本の旗 日本福島県
死没 1939年11月12日(満64歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 耳鼻咽喉科学
研究機関 京都帝国大学福岡医科大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

久保 猪之吉(くぼ いのきち、1874年12月26日 - 1939年11月12日)は日本医学博士歌人俳人。京都帝国大学福岡医科大学(後の九州帝国大学、現九州大学)教授。

人物・来歴[編集]

1900年東京帝国大学医科大学を卒業。1903年ドイツへ留学、1907年帰国し京都帝国大学福岡医科大学教授となる。俳人久保より江の夫。長塚節の主治医。

日本の耳鼻咽喉科学の先駆者で、1928年にはコペンハーゲンで開催された第1回万国耳鼻咽喉科学会に日本代表として出席している。1934年にはフランスのレジオンドヌール勲章を受勲。

また、歌人としては、落合直文に師事し、尾上柴舟らと「いかづち会」を結成した。その後は俳句を初め、高浜虚子に師事する。

九州大学馬出キャンパスには博士の名を冠した博物館「久保記念館」および「久保通り」が存在する。

参考文献[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]