中川王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中川王
Goguryeo-monarchs(11-16).PNG
各種表記
ハングル 중천왕
漢字 中川王
発音 チュンチョンワン
英語 Jungcheon-wang
テンプレートを表示

中川王(ちゅうせんおう、224年 - 270年)は、高句麗の第12代の王(在位:248年 - 270年)。姓は高、は然弗。中壌王ともいう。先代の東川王の子であり、243年に王太子に立てられ、248年9月に先王の死去とともに即位した。

治世[編集]

即位年の11月に、王弟の預物・奢句らが反乱を起こそうとしたのでこれを誅滅した。王后には椽氏を立てていたが、のちに貫那夫人を寵愛し、小后(側室)にしようとした。王后と貫那夫人とが寵を争って謗り合いをしたが、貫那夫人に詐言があって王は怒り、251年に貫那夫人を革袋に入れて西海に棄てさせた。

259年12月にの将軍の尉遅楷が攻めてきたが、精兵五千を送り梁貊の谷で大いに破り、首級八千をあげた。

在位23年にして270年10月に死去し、中川の原に埋葬され、中川王とされた。

参考文献[編集]