中密度繊維板

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中密度繊維板の一例

中密度繊維板(ちゅうみつどせんいばん)は木質繊維原料とする成型板(ファイバーボード)の一種。 MDF(medium density fiberboard)と略称され、JIS A 5905が定める規格では、木材などの植物繊維を原料とし、ドライプロセスによって製造される繊維板(ファイバーボード)のうち、密度が0.35 – 0.80 g/cm3のものをいう。中質繊維板とも呼ばれる。

木材チップを蒸煮・解繊したものに接着剤となる合成樹脂を加え状に熱圧成型したものである。同じ木材チップ材を原料とするパーティクルボード配向性ストランドボード(OSB)に比べて構成要素(セグメント)が小さく、表面だけでなく木口部分も平滑である。

木材の様に軽量で高い加工性を持ち、かつ、木材特有の反りや乾燥割れなどの癖が少なく、均質で極めて安価である。反面、木材やパーティクルボードに比べ裁断が細かく状にまで粉砕する為、一般的な製品では、木材がもともと持っていた抵抗力が失われ、湿気に弱く表面処理を行わないとカビ易い。しかしながら、接着剤の種類、木材チップの樹種、密度の3つの要素を組合せる事によって様々なタイプのMDFを作る事ができ、リサイクル素材による簡易、安価なものから、高い耐水性と防性を持ち木造住宅耐力壁に使用可能な強度を確保しているものまで、バリエーションの範囲は広い。

主な樹種は、ラワンラジアータパインマツの一種)、カラマツスギ、あるいはリサイクル素材など。接着剤にはユリア系接着剤、メラミンユリア、イソシアネート系等があり耐水性を持たせる事も出来る。

用途は家具、側板、背板、住宅設備機器の扉、カーテンボックスなどの造作材スピーカーのキャビネット、カラーボックスなどに多く用いられる。

なお、MDFよりも低密度の繊維板はインシュレーションボード、高密度のものはハードボードと呼ばれているが、JIS規格では、密度とともに製造方法も区別の条件に加えている。

外部リンク[編集]