中国長峰機電技術研究設計院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中国長峰機電技術研究設計院: 中国长峰机电技术研究设计院、China Changfeng Mechanics and Electronics Technology Academy)は中国航天科工集団公司(CASIC)傘下の研究院のひとつ[1]。1957年に設立された。1万6千人以上の雇用がある。

長峰機電技術研究設計院は防空ミサイル防衛ASATレーダーシステム関連の研究、開発、生産を行っている。またHQ-2、HQ-7、HQ-61といったいくつかの地対空ミサイルシステムにも関与している。またHQ-2をベースに8610SRBMを開発した。

近年はJL-1DF-1DF-21といった潜水艦発射、地上発射の弾道ミサイルにも関心を広げている。

宇宙関連技術についても、宇宙飛行物体の制御、追跡関連設備、その他測量、地上設備等の研究・開発を行っているとされる[2]

別名[編集]

別名が数多く存在する。

日本語[編集]

  • 中国航天科工防御技術研究院[2]

英語[編集]

  • Second Academy
  • Surface-to-Air Missile (SAM) Academy
  • China Changfeng Group (CCFG)
  • China Changfeng Company (CCC)
  • China Changfeng (CCF)
  • China Chang Feng Mechano-Electronic Engineering Company

参考文献[編集]

  1. ^ 世界の宇宙技術力比較と中国の宇宙開発の現状について (PDF)”. JAXA (2010年2月). 2011年3月21日閲覧。
  2. ^ a b 富窪高志. “中国の宇宙活動について (PDF)”. 2011年3月21日閲覧。