中国武術一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中国武術一覧(ちゅうごくぶじゅついちらん)は、中国武術の門派の一覧。

現存するものだけでも400以上の流派が数えられる。 ここでは、日本でも比較的知られているものを、北派(外家拳と内家拳)および 南派(南拳)の3つに分類する。

北派(外家拳)[編集]

北派(内家拳)[編集]

南派(南拳)[編集]

空手の基になった。

武器術の一覧[編集]

中国武術で用いられる武器術の一覧。

中国武術の流派は、武器を扱う技法から徒手空拳の技法を発達させたため、武器術を含んでいるのが普通である。 あらゆる状況に対応するため、一つの流派内で複数の武器術が練習される。 中国では武器のことを器械と呼び、大きく短器械と長器械、軟器械に分類される。 短器械は刀や剣などの片手で扱う武器、長器械は棍や槍などの長い武器、軟器械は三節棍など関節のある武器をいう。 この他に小型の隠し武器が多数あり、これは暗器と分類される。

短器械を扱う武器術[編集]

[編集]

  • 長拳系剣術――長拳
  • 少林剣――少林拳
  • 太極剣――太極拳
  • 武当剣
  • 長穂剣
  • 双剣
  • 酔剣
  • 螳螂剣
  • 三才剣
  • 純陽剣
  • 佛塵剣
  • 剣鞭
  • 陽湖剣
  • 形意剣
  • 通背剣
  • 双手純陽剣
  • 昆悟剣
  • 青萍剣

[編集]

  • 長拳刀術――長拳
  • 南刀
  • 六合刀
  • 太極刀――太極拳
  • 通背刀
  • 形意刀――形意五行刀・形意六合刀
  • 形意連環双刀
  • 八卦大刀
  • 南刀
  • 胡蝶刀
  • 苗刀――劈掛拳
  • 野戦刀

長器械を扱う武器術[編集]

[編集]

[編集]

軟器械を扱う武器術[編集]

その他(暗器等)[編集]

門派系譜[編集]

関連項目[編集]