秘宗拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

秘宗拳(秘踪拳)は主として河北省などに伝わる武術。別名として、燕青拳、迷蹤芸(迷踪芸)[1]がある。迷蹤芸の名は複雑な歩法を用いることに由来するとされる[2]

歴史[編集]

伝説によると秘宗拳(燕青拳、迷蹤芸)の開祖は水滸伝の登場人物「燕青」であると言う。燕青の主人である盧俊義が燕青に伝え、燕青から後世の伝人に伝えられたとする場合もある。伝説では、燕青は北宋に対する反乱軍の将であるため、伝人は開祖(宗師)の名を秘したことから秘宗拳と呼ばれたとしている。秘宗拳に限らず、開祖を武侠小説に登場する人物や伝説上の人物に仮託することは珍しいことではなく、類似した例は日本武道にも見られる。

近代においては、上海精武体操学校(上海精武体育会の前身)を創設した静海(天津)の人、霍元甲の迷蹤芸がよく知られている。霍元甲は家伝の武術を父である霍恩第に学んだと言われている。また南京中央国術館姜容樵李元智河北省滄州に伝えられた秘宗拳を陳玉山[3]より学び、劉雲樵李書文拝師する前に張耀廷より秘宗拳を学んでいる。また、大連に伝わる秘宗拳、大連秘宗拳は蘇明遠に始まると言われている。

秘宗拳の套路[編集]

秘宗拳の套路として秘宗長拳(燕青架子)、小護掩(小虎燕)、四路奔打、練手拳、綿掌拳などがある。秘宗長拳は太極拳のようにゆっくりと練習される套路であり、「少林慢架子」と呼ばれることがある。 姜容樵は霍元甲とは伝承系統が異なる秘宗拳(秘宗長拳)を書籍で公開している(一部に太極拳と共通する技法名が見られる。)[4]。秘宗拳の迷蹤芸は無影拳と呼ばれることがある。

その他[編集]

  • 英語では一般的に、秘宗拳は「Mizong Quan」、燕青拳は「Yan Qing Quan」、迷蹤芸は「Mizongyi」と表記されている。
  • その他、燕青翻子拳、迷踪羅漢拳と呼ばれる門派もある。
  • 松田隆智は特に学習を希望した門派として霍元甲の迷蹤芸と陳家太極拳を挙げている。

創作世界の秘宗拳[編集]

  • 漫画『拳児』。槍州にて幼少の病弱な劉月狭(実在のモデルは劉雲樵)は劉家の保標、秘宗拳の名人張耀庭に秘宗拳を学ぶ。槍州にて主人公が秘宗拳の召一龍(李初亭の門人)と対峙する。
  • ゲーム「バーチャファイター」。女優パイ・チェンは燕青拳を使う。

参考文献[編集]

  • 常松勝 『中国伝統 秘宗拳』 福昌堂
  • 松田隆智 『少林拳入門』 サンポウブックス
  • 陳鳳岐、陳友亮『燕青拳』 新世界
  • 松田隆智『図説中国武術史』 壮神社
  • 松田隆智『謎の拳法を求めて』 東京新聞出版局
  • 青木嘉教『中国拳法 八大門派戦闘理論』 愛隆堂

脚注[編集]

  1. ^ 唐代に四川の深山で狻猊と遭遇した少林寺の僧が創案したとする伝説から、異称として「猊拳」「猊犭宗拳」「猊踪藝」がある。
  2. ^ 運動線が蜘蛛の巣に例えられることがある。また、敵の将兵が燕青を追撃した時、燕青は足跡を雪の上に残していなかったので将兵は道に迷ってしまったことから彼の武術を迷蹤芸と呼ぶとする説もある。
  3. ^ 陳玉山は陳善(滄州の武術家、陳善派の祖)の孫にあたる。陳善は山東の孫通に秘宗拳を学んだとされる。
  4. ^ 『寫真秘宗拳』