意拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

意拳(いけん・yi quan)とは中国武術の一派。

王向斉が、形意拳などを基にして創始した。中国武術はどの門派もほぼ例外なく複雑な套路(型)を持っているが、意拳はそれらと異なり套路が存在せず、それが最大の特徴となっている。また徒手での戦闘に重点が置かれているが、棍や剣の練習も行う。

一定の姿勢を保ち続ける「站樁」によって内功を練ることを稽古の中心とし、「試力」「摩擦歩(走歩)」で姿勢と内功の使い方を身に着け、更に散手(組手)を積極的に行うことで実践的な運用法を習得する。意拳には套路は存在しないが、指導者によっては形意拳の套路を訓練することもある。

中国武術の精髄を集大成した拳法との意味で「大成拳」と呼ばれることもあるが、その意味には別説もある。太気拳(太気至誠拳法)、 韓氏意拳心会掌神意拳など、意拳の流れを汲む分派も存在する。