中国共産党中央弁公庁警衛局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中国共産党中央弁公庁警衛局は、中国共産党中央委員会の施設(中南海等)警備要人警護を担当する中国共産党中央弁公庁の部署。中国版シークレット・サービス第9局とも称する。職員数は、約2千人。

歴史[編集]

中華人民共和国建国後、中国の要人警護は、公安部第8局が担当していた。1953年、公安部内に中共中央の警備・警護を専門にする第9局が設置され、第8局はそれ以外の警備・警護を担った。

1964年、第8局と第9局が統合され、中共中央弁公庁第9局(対外的には公安部第9局)が設置された。この際、第9局は内部安全を担当し、中央警衛団(8341部隊)が外部安全を担当することとされた。

1969年10月、中ソ対立の影響を受けて、毛沢東は、警備・警護体制を軍事組織に改編し、警衛局(第9局)を警衛処に縮小し、後に警衛処と中央警衛団を統合した。

1977年、文化大革命の終結により、警衛処は、警衛局に改編された。

1990年代、公安部内に第8局が復活したが、所掌範囲は以前とほぼ同様である(中共中央以外の警備・警護)。

機構[編集]

警衛局の機構は、1977年の改編後も軍事組織の色彩が残されており、軍級単位に相当する。警護要員(警衛一処、二処の職員)は、北京衛戍区の軍人から選抜される。

  • 局本部(司令部)
    • 警衛一処
    • 警衛二処
    • 軍訓処
    • 軍務処
  • 弁公室
    • 秘書処
    • 通訊処 - 後に第39局として中央弁公庁直轄となる。
    • 供応処
    • 門診部
  • 政治部
    • 組織処
    • 保衛処
    • 幹部処
    • 宣伝処
  • 後勤部
    • 交通処
    • 管理処

この外、警衛局は、中央警衛団(8341部隊)の指揮権も有する。

参考文献[編集]

  • 「中国軍事決策機制&台海衝突」、約翰W・劉易斯、明鏡出版社、2007年、ISBN 978-1-932138-57-3

関連項目[編集]