中国共産党中央弁公庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中国共産党中央弁公庁(ちゅうごくきょうさんとうちゅうおうべんこうちょう)は中国共産党中央委員会に直属する事務機構。中国共産党設立初期から存在し、過去には中央秘書庁と称していた。

概要[編集]

党の最高指導者である中央委員会総書記の秘書役の担当が名目的な職務である。しかし、実際には総書記を含む党中央の主要な指導者の医療、保安、通信などの日常業務を任されており、その権限は名目上より大きく、「党の中枢神経」という別名がある。

中央弁公庁の責任者は中央弁公庁主任。中央弁公庁主任は党指導者の秘書など非政治的業務に携わり、国家幹部から地方のトップまで中国を動かす全ての重要人物のスケジュールを一手に管理し、また重要会議を主催し、総書記への取り次ぎへの可否を判断する等の政治的な権力を持っている[1]。中央弁公庁主任経験者は漏れなく最高指導者の一員として名を連ねている。

機構[編集]

中央弁公庁は、紫禁城中南海に位置する。

  • 秘書一局
  • 秘書二局
  • 秘書三局
  • 機要局 - 秘密文書の保管
  • 機要交通局 - 秘密文書の伝達
  • 電話局(第39局) - 党指導者への暗号電話の提供
  • 警衛局(第9局) - 党指導者の警護
  • 党委弁公室
  • 行政管理局
  • 人事局
  • 信訪局
  • 档案局
  • 老幹部局
  • 特別会計処
  • 研究室
  • 印刷廠
  • 毛沢東記念堂管理局

歴代中央弁公庁主任[編集]

姓名 任期 最高位 備考
1   楊尚昆 1945年10月 - 1965年11月 国家主席中央軍事委員会常務副主席兼秘書長
2   汪東興 1965年11月 - 1978年12月 政治局常務委員、党中央委員会副主席
3   姚依林 1978年12月 - 1982年4月 政治局常務委員、国務院常務副総理
4   胡啓立 1982年4月 - 1983年6月 政治局常務委員
5   喬石 1983年4月 - 1984年4月 政治局常務委員、全人代常務委員長
6   王兆国 1984年4月 - 1986年4月 政治局委員、全人代常務委第一副委員長
7   温家宝 1986年4月 - 1993年3月 政治局常務委員、国務院総理 胡耀邦趙紫陽江沢民の3人の総書記の下で主任を務める
8   曽慶紅 1993年3月 - 1999年3月 政治局常務委員、国家副主席
9   王剛 1999年3月 - 2007年9月 政治局委員
10   令計画 2007年9月 -2012年9月 党中央統一戦線部長
11   栗戦書 2012年9月 - 現任

脚注[編集]

  1. ^ 富坂聰「習近平と中国の終焉」(角川SSC新書)P120

参考文献[編集]

  • 「中国軍事決策機制&台海衝突」、約翰W・劉易斯、明鏡出版社、2007年、ISBN 978-1-932138-57-3