三板

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三板(さんば)は、現在では沖縄音楽で用いられる、文字通り3枚の板で構成される小型の打楽器相互打奏体鳴楽器に分類されるという。黒檀などの堅い素材を用いた板片の、上部を紐で繋いだもの[1]カスタネットのような鳴らし方もされる。

中国から伝来した楽器であるという説や、カチャーシー沖縄民謡に際した踊り)には欠かせないという意見もある[2]

脚注[編集]

  1. ^ 三板 とは - コトバンク (出典:平凡社 百科事典『マイペディア』)
  2. ^ 平凡社 百科事典 『マイペディア電子辞書

関連項目[編集]