三上義夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三上 義夫(みかみ よしお、1875年明治8年〉2月16日 - 1950年昭和25年〉12月31日)は日本の数学史家、和算研究家。日本の数学と中国の数学を英文で西洋に紹介した。

父親は三上助衛門安忠、母親は勝。妻は近藤幸八郎の三女武。

略歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 支那数学ノ発達ヲ論ス』 東京物理学校、1908年10月。 - 「東京物理学校雑誌」〈第203号〉別刷。
  • Yoshio, Mikami (June 1974) [January 1913]. The Development of Mathematics in China and Japan (2nd edition ed.). Chelsea Publishing Company. ISBN 0828401497. 
    • Yoshio, Mikami (1974) [January 1913]. The Development of Mathematics in China and Japan (paperback ed.). University of Michigan Library. 
  • 三上義夫「東西数学史」、『輓近高等数学講座』第1、共立社、1931年
  • 『房総数学年表』 千葉県図書館〈千葉県図書館叢書 第7輯〉、1936年
  • 『彦坂範善事蹟 他一篇』 豊橋市教育会、1938年 - 他一篇は小野芳水「余談」。
  • 『我が国文化史上より見たる珠算』 東京商工会議所、1942年
  • 『文化史上より見たる日本の数学』 創元社、1947年
  • 『日本数学史』 東海書房、1947年
  • 『日本測量術史の研究』 恒星社厚生閣〈科学史研究撰書 1〉、1948年
  • 『三上義夫博士研究集録』 全国珠算教育連盟収集出版委員会編、全国珠算教育連盟、1960年
  • 『和算之方陣問題』 菊地大麓監修、鈴木昭雄、1972年
  • 『和漢数学科学史研究回顧録 三上義夫遺稿』 藤井貞雄編、藤井貞雄、1991年11月。
  • 『支那数学史 三上義夫遺稿断篇』 藤井貞雄編、藤井貞雄]、2007年8月。

共著・編著・共編著[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]