ヴェンツェル (ザクセン選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴェンツェル(Wenzel,1337年 - 1388年5月15日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルクの1人で、ザクセン選帝侯(在位:1370年 - 1388年)、リューネブルク(在位:同)。ザクセン選帝侯ルドルフ1世とアグネス・フォン・リンドウの子。ザクセン選帝侯ルドルフ2世の異母弟。

1370年に亡くなった異母兄ルドルフ2世に子がないため、後を継いだ。1376年神聖ローマ皇帝カール4世の長男ヴェンツェルローマ王選出に投票、帝国の事務に携わっていた。甥のアルブレヒト3世と共にリューネブルクを治めていたが、1385年の彼の死後、女婿のベルンハルト1世が反旗を翻し、1388年、ツェレ近郊のウィンゼン・デア・オーラーでヴェンツェルを打ち破った。ヴェンツェルは反撃しようとしたが、ツェレ包囲中に急死(毒殺説もある)。

ザクセンは息子のルドルフ3世、リューネブルクはベルンハルト1世とハインリヒ1世兄弟がそれぞれ治める事になった。

子女[編集]

1376年、パドヴァでパドヴァ領主フランツの娘ツェツィーリエと結婚、6人の子を儲けた。

爵位・家督
先代:
ルドルフ2世
ザクセン選帝侯
1370年 - 1388年
次代:
ルドルフ3世
先代:
アルブレヒト3世
リューネブルク
1370年 - 1388年
次代:
ベルンハルト1世ハインリヒ1世