ヴィッティヒハウゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Wittighausen.png Lage des Main-Tauber-Kreises in Deutschland.png
基本情報
連邦州: バーデン=ヴュルテンベルク州
行政管区: シュトゥットガルト行政管区
郡: マイン=タウバー郡
緯度経度: 北緯49度37分
東経09度50分
標高: 海抜 245 m
面積: 32.4 km²
人口:

1,630人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 50 人/km²
郵便番号: 97957
市外局番: 09347
ナンバープレート: TBB
自治体コード: 08 1 28 137
行政庁舎の住所: Königstraße 17
97957 Wittighausen
ウェブサイト: www.wittighausen.de
首長: ベルンハルト・ヘンネベルガー (Bernhard Henneberger)
郡内の位置
Wittighausen im Main-Tauber-Kreis.png

ヴィッティヒハウゼン (Wittighausen) はドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州マイン=タウバー郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)。

地理[編集]

位置[編集]

ヴィッティヒハウゼンは、マイン=タウバー郡北東部のヴィッティヒバッハ川流域に位置し、その東部はヴュルツブルク郡と境を接する。この町は、ヴュルツブルク - オクゼンフルト - バート・メルゲントハイム - タウバービショフスハイムの4都市が形成する四角形の中心にあたる。この町は海抜227mから364mに位置する。

自治体の構成[編集]

ヴィッティヒハウゼンには、かつては独立した町村であったオーバーヴィッティハウゼン、ポッペンハウゼン、ウンターヴィッティヒハウゼン、ヴィルヒバントが属する[2]

旧町村の紋章は以下の通り。

歴史[編集]

ヴィッティヒハウゼンは、1971年に行政改革の一環として、それまで独立した自治体であったオーバーヴィッティハウゼンとウンターヴィッティヒハウゼンが合併して発足した。1972年にポッペンハウゼンとヴィルヒバントがこれに加わった。ヴィッティヒハウゼンは、その母体となった両自治体がそうであったと同じく、タウバービショフスハイム郡に属した。1973年の同郡の廃止に伴い、新設されたタウバー郡に編入された。タウバー郡はその後すぐにマイン=タウバー郡を改名された。

宗教[編集]

宗教改革はこの町に影響を及ぼすことなく通り過ぎていった。現在でもヴィッティヒハウゼンの住民にはローマ=カトリックの信者が多い。数少ないプロテスタントの信者はラウダ=ケーニヒスホーフェンの教会組織に属している。

行政[編集]

首長[編集]

町長のベルンハルト・ヘンネベルガーは2002年から町長を務めている。

議会[編集]

ヴィッティヒハウゼンの議会は12議席からなる。

紋章[編集]

3本のヴュルツブルクの旗は、オーバーヴィッティハウゼン、ウンターヴィッティヒハウゼン、ヴィルヒバントがヴュルツブルク司教領に属していたことを示している。マインツの輪はポッペンハウゼンがかつてマインツ司教領であったことを示す。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

ヴィッティヒハウゼンは、ウンターヴィッティヒハウゼン地区にフランケン鉄道(シュトゥットガルト - ヴュルツブルク)の駅を有している。ラウダとヴュルツブルクの間に位置するこの駅では、ヴェストフランケン鉄道のレギオナルバーンが2時間毎に発着する。

教育[編集]

ヴィッティヒハウゼンには基礎課程学校が1校ある。

文化と見所[編集]

建築[編集]

見所は、オーバーヴィッティハウゼン地区の聖ジギスムント教会である。

引用[編集]

  1. ^ バーデン=ヴュルテンベルク州の市町村別人口 2012
  2. ^ Das Land Baden-Württemberg. Amtliche Beschreibung nach Kreisen und Gemeinden. Band IV: Regierungsbezirk Stuttgart, Regionalverbände Franken und Ostwürttemberg. Kohlhammer, Stuttgart 1980, ISBN 3-17-005708-1. S. 322–324