ヴィクトリア市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯22度16分42秒 東経114度10分28秒 / 北緯22.27833度 東経114.17444度 / 22.27833; 114.17444

ヴィクトリア市
Victoria City and Kowloon 1915.jpg
1915年の香港の地図。左下に "City of Victoria" の表記がある。
繁体字 維多利亞城
簡体字 维多利亚城
英語
英語: City of Victoria
海沿いの遊歩道プラヤ、1870年代

ヴィクトリア市(ヴィクトリアし)は、香港1842年イギリスの植民地となったのち、最初に都市化した居住地の1つである。当初はクイーンズタウン(Queenstown)と呼ばれた。ほとんどすべての政府機関の本部が置かれているため、イギリスの植民地時代には、しばしば「香港の首都」とも認識された。

位置[編集]

ヴィクトリア市は、現在の中環に位置し、1843年当時のイギリス女王、ヴィクトリア女王にちなんで名付けられた。ヴィクトリア市は、香港島にあって、もともとは現在の中環金鐘上環の一部を含むものであった。

歴史[編集]

ヴィクトリア市の境界石

1857年、イギリス政府はヴィクトリア市の範囲を拡大し、4つの地区「四環」に分割した。四環は、西環(今日の西環で、ケネディ・タウン(堅尼地城)、石塘咀西営盤が含まれる。)、上環(今日の上環)、中環(今日の中環)、下環(今日の湾仔)である。下環を除いた、西環、上環、中環は、今日でも同じ名称が使われている。

四環は、さらに「九約」(約は地区または街区と似た概念)に分割された。その範囲には、東角跑馬地の一部(競馬場東側の黄泥涌道より西側部分)も含む。1903年、ヴィクトリア市の境界を明示するため境界石が設置され、現在でも6つの境界石が残っている。

1890年代には、4マイル(6キロメートル以上)にわたって広がる主要都市となった。建物には、花崗岩とレンガが用いられた。バスと新たに現れたトラムが、この地域の主要な交通手段となった。

九約[編集]

参考[編集]

参照[編集]