ワラジムシ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
等脚目
Porcellio scaber (AU)-left 01.jpg
ワラジムシ Porcellio scaber
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱 Malacostraca
亜綱 : 真軟甲亜綱 Eumalacostraca
上目 : フクロエビ上目 Peracarida
: 等脚目 Isopoda
学名
Isopoda
Latreille1817
亜目

ワラジムシ目節足動物門 甲殻亜門 軟甲綱 真軟甲亜綱 フクロエビ上目に属する分類群の名称。伝統的には等脚目の名が使われてきた。ワラジムシフナムシダンゴムシなどを含む。陸上、海水、淡水に住み、体長は0.5-1.5cmのものが多い。雑食性であるが、寄生性の種や海中の木材に穴をあける種もいる。

概要[編集]

ワラジムシ目(等脚目)には非常に多様な動物が含まれる。甲殻類中最も多様との声もある。陸に進出したものが多いのもこの類である。その種類数は約5000種とされ、フクロエビ上目では最も多い。あまり大きくなるものは少なく、ほとんどが小型の動物である。最大のものはダイオウグソクムシ(体長50cm)である。

体は扁平気味で細長く、背甲が大きく発達しないため、全体に体節に分かれ、腹面に足が並ぶ様子は端脚目にも似ている。陸産種もあり、身近なものも含まれるが、その多様性の大部分が海中にある、という点でも共通している。

形態[編集]

以下のような共有派生形質を持つ。

  1. 複眼に柄が無く、固着眼となっている
  2. 背甲が発達しない
  3. 胸節の附属肢は歩脚状で、外肢を欠く
  4. 第二触角は単枝型
  5. 第6腹節が尾節と癒合し、腹尾節 (pleotelson) となる
  6. 二相性の脱皮(biphasic moulting、体の前半・後半の殻を別々に脱ぐ)を行う
  7. 心臓が後方(胸節から腹節)にある
  8. 主に腹肢でガス交換を行う
  9. 中腸以外の消化管が外胚葉
  10. 横紋筋に特有の微細構造を持つ
  11. 第一顎脚に触肢を持たない
  12. 第一触角は単枝型、触角鱗はない
  13. 尾脚は常に単関節

この内1-4は端脚類、5はタナイス目の一部と共通する[1]

頭部、胸部、腹部は外見からはっきり区別できる。全体に同じような体節がならんでいるように見える例が多い。

頭部に見える節は胸部の第1節(時に第2節まで)が融合しているので、実際には頭胸部であるが、実質的には頭部をなす。

胸部の附属肢のうち、第1対は顎脚となる。腹部の附属肢は2叉形。この部分が拡張して育児嚢となる例も多い。陸産種ではここに腔所を生じて空気呼吸する。

分類[編集]

フレアトイクス亜目 Phreatoicidea[編集]

スナナナフシ亜目 Microcerberidea[編集]

  • スナナナフシ科 Microcerberidae

ミズムシ亜目 Asellota[編集]

  • ウミミズムシ科 Janiridae

カラボゾア亜目 Calabozoidea[編集]

ワラジムシ亜目 Oniscidea[編集]

  • フナムシ科 Ligiidae
  • ナガワラジムシ科 Trichoniscidae
  • ヒゲナガワラジムシ科 Olibrinidae
  • ウミベワラジムシ科 Scypacidae
  • ヒメワラジムシ科 Philosciidae
  • ホンワラジムシ科 Oniscidae
  • ハヤシワラジムシ科(トウヨウワラジムシ科) Trachelipidae
  • ワラジムシ科 Porcellionidae
  • コシビロダンゴムシ科 Armadillidae
  • オカダンゴムシ科 Armadillidiidae
  • ハマダンゴムシ科 Tylidae

ヘラムシ亜目 Valvifera[編集]

  • ヘラムシ科 Idoteidae

ヤドリムシ亜目 Epicaridea[編集]

コツブムシ亜目 Spaheromatidea[編集]

  • コツブムシ科 Sphaeromatidae
    • イソコツブムシ属 Gnorimosphaeroma
    • シオムシ属 Tecticeps

ウオノエ亜目 Cymothoida[編集]

  • ウミナナフシ科 Paranthuridae
  • Anthuridae
  • Hyssuridae
  • Antheluridae
  • エビヤドリムシ科 Bopyridae
    • エビヤドリムシ属 Bopyrus
      • エビヤドリムシ Bopyrus squillarum
  • Cryptoniscidae
  • ウミクワガタ科 Gnathiidae
  • スナホリムシ科 Cirolanidae
    • Bathynomus
      • オオグソクムシ Bathynomus doederleini : 日本最大のワラジムシ目
      • ジャイアントアイソポッド(ダイオウグソクムシBathynomus giganteus (Giant isopod) : 体長35cm。ワラジムシ目中最大の種。
  • グソクムシ科 Aegidae
  • ウオノエ科 Cymothoidae

キクイムシ亜目 Limnoriidea[編集]

  • キクイムシ科 Limnoriidae
    • キクイムシ属 Limnoria
      • キクイムシ Limnoria tripunctata :体長1~4mm程度。黄白色をしていて体表には細かい毛が密生している。木材などにも穿孔するが褐藻アラメ仮根部などからも見つかる。

Phoratopidea[編集]

  • Phoratopodidae

Tainisopidea[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Isopoda in ToLWeb”. 2012年9月4日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]