ローソン (化学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローソン[1][2]
Lawsone.PNG
IUPAC名 2-ヒドロキシ-1,4-ナフトキノン
別名 ヘンノタンニン酸
Natural Orange 6
分子式 C10H6O3
分子量 174.15
CAS登録番号 [83-72-7]
形状 黄色プリズム
融点 195-196 °C
SMILES O=C(C(O)=C1)C2=C(C=CC=C2)C1=O

ローソン(Lawsone)またはヘンノタンニン酸(hennotannic acid)は、ツリフネソウImpatiens balsamica)やツマクレナイノキLawsonia inermis)から得られる赤橙色の染料である[3]ヒトは5000年以上前から、頭髪または皮膚用の色素としてツマクレナイノキからローソンを抽出して使用している。酸溶媒では、マイケル付加によって皮膚または頭髪のケラチンと反応し、皮膚や髪が剥がれ(抜け)落ちるまで永久的に染まる。ローソンは紫外線を強く吸収し、で抽出できるためサンレスタンニングサンスクリーン剤として使われる。化学的には、ローソンはクルミに含まれるジュグロン異性体である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Merck Index, 12th Edition, 5406.
  2. ^ MSDS at Physical & Theoretical Chemistry Laboratory, University of Oxford
  3. ^ Dweek, A. C. (2002). “Natural ingredients for colouring and styling”. Int. J. Cosmetic Sci. 24: 287-302. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]