ロバート・デナード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・デナード、後ろに描かれているのはDRAMの回路

ロバート・デナード(Robert H. Dennard, 1932年9月5日 - )は、アメリカ合衆国電子工学者で発明家である。

デナードはテキサス州テレルで生まれた。1954年と1956年に南メソジスト大学で、電子工学の学士号と修士号を取得した。博士号は1958年にカーネギー工科大学でとった。その後IBMに勤務して研究を行った。

1968年、デナードはDynamic Random Access Memoryを発明した。また彼は小型化したMOSFETの途轍もない可能性に最初に気づいていた一人である。1974年にデナードらが確立したスケーリング理論では、依然としてMOSFETが重要な役割を担っている。この理論は、ここ数十年のムーアの法則マイクロエレクトロニクスの進化に貢献した。

受賞など[編集]

出典[編集]

  1. ^ 1988 National Medal of Technology.
  2. ^ 2001 IEEE Edison Medal.

外部リンク[編集]