ロジャー・ウォールデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロジャー・ウォールデンRoger Walden, 生年不明 - 1406年1月6日)は、イングランドの大蔵卿、またカンタベリー大司教を務めた。

彼の生まれや若い頃についてはほとんど知られていない。ジャージー島に住んだことが知られている。その後、ヨークシャーレスターシャーに移り、1387年ウィンチェスターの助祭長になる。彼の時代は、まだ世俗(王権)と宗教界が密接に関係していた時代であり、同年にウォールデンはカレーの大蔵長官に任命される。

1395年にリチャード2世の下でイングランドの大蔵卿に任命される。1397年、追放されたトマス・アランデルに替わってカンタベリー大司教になる。しかし、1~2年の内にヘンリー2世の治世になると、1399年アランデルが大司教に返り咲き、禁固処分の後、世間から身を引いた。

1405年、アランデルの計らいでロンドン司教に選ばれ、1406年1月6日にハートフォードシャーの小村で死亡。

先代:
トマス・アランデル
カンタベリー大司教
1397年 - 1398年
次代:
トマス・アランデル