ロイコアントシアニジンレダクターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロイコアントシアニジンレダクターゼ
識別子
EC番号 1.17.1.3
CAS登録番号 93389-48-1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ロイコアントシアニジンレダクターゼ(leucoanthocyanidin reductase)は、フラボノイド生合成酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

(2R,3S)-カテキン + NADP+ + H2O \rightleftharpoons 2,3-trans-3,4-cis-ロイコアントシアニジン + NADPH + H+

この酵素の基質(2R,3S)-カテキンNADP+H2Oで、生成物は2,3-trans-3,4-cis-ロイコアントシアニジン、NADPHとH+である。

この酵素は酸化還元酵素に属し、NAD+またはNADP+を受容体としてCH基またはCH2基に特異的に作用する。組織名は、(2R,3S)-catechin:NADP+ 4-oxidoreductaseで、別名にleucocyanidin reductaseがある。

この酵素はHedysarum sulphurescensVitis vinifera(ブドウ)で見られる[1]

出典[編集]

  1. ^ Maugé C, Granier T, d'Estaintot BL, Gargouri M, Manigand C, Schmitter JM, Chaudière J, Gallois B (April 2010). “Crystal structure and catalytic mechanism of leucoanthocyanidin reductase from Vitis vinifera”. J. Mol. Biol. 397 (4): 1079–91. doi:10.1016/j.jmb.2010.02.002. PMID 20138891. 

参考文献[編集]

  • Tanner GJ, Kristiansen KN (1993). “Synthesis of 3,4-cis-[3H]leucocyanidin and enzymatic reduction to catechin”. Anal. Biochem. 209 (2): 274–7. doi:10.1006/abio.1993.1119. PMID 8470799. 
  • Tanner GJ, Francki KT, Abrahams S, Watson JM, Larkin PJ, Ashton AR (2003). “Proanthocyanidin biosynthesis in plants. Purification of legume leucoanthocyanidin reductase and molecular cloning of its cDNA”. J. Biol. Chem. 278 (34): 31647–56. doi:10.1074/jbc.M302783200. PMID 12788945.