レネゲイド・サウンドウェイヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レネゲイド・サウンドウェイヴRenegade Soundwave)とは、イギリステクノグループである。1986年にロンドンで結成。初期メンバーはゲイリー・アスギス、ダニー・ブリオテット、カール・ボニーの3人組であった。80年代後半から90年代前半にかけて活躍した。

1987年にレーベルRhythm Kingからデビュー。当時流行していたダンス・ミュージックや(アメリカ東海岸の)ヒップホップ、ノイズなどを混ぜ合わせた音楽であった。1990年にシングル「Probably a Robbery」は全英シングルチャート38位を記録した。


1989年にミュート・レコードに移籍する。しかし、ボニーが 音楽性の違いで脱退し、ソロになる。残ったアスギスとブリオテットで活動し、2枚のアルバムを出した後、1995年に解散。

メンバー[編集]

  • ゲイリー・アスギス Gary Asquith
  • ダニー・ブリオテット Danny Briottet
  • カール・ボニー Carl Bonnie

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Soundclash 1989年
  • In Dub 1990年
  • Howyoudoin? 1994年
  • The Next Chapterof Dub 1995年

その他[編集]

このバンドはリミックスを担当することがあった。リミックスしたアーティスト(バンド)はポップ・ウィル・イート・イットセルフニッツァー・エブゲイリー・ニューマンシェイメンデペッシュ・モードなど。また、日本のSOFT BALLETのリミックス集『ALTER EGO』にも参加している。