レゾルビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レゾルビンD2 (RvD2)

レゾルビン (Resolvin) は、人体内でω-3脂肪酸エイコサペンタエン酸ドコサヘキサエン酸から作られる化合物である。特にアスピリンの存在下で、シクロオキシゲナーゼ-2により作られる。実験的な証拠から、レゾルビンは炎症細胞や炎症化学物質の生成と輸送を阻害することで細胞の炎症を抑えることが示唆されている[1]

その他にも、炎症痛の軽減等、治療上の効果を持つ生理作用が報告されている[2]

出典[編集]

  1. ^ Serhan CN, Hong S, Gronert K, et al.abg (2002). “Resolvins: a family of bioactive products of omega-3 fatty acid transformation circuits initiated by aspirin treatment that counter proinflammation signals”. J. Exp. Med. 196 (8): 1025–37. doi:10.1084/jem.20020760. PMC 2194036. PMID 12391014. http://www.jem.org/cgi/content/full/196/8/1025 2007年11月2日閲覧。. 
  2. ^ Xu ZZ, Zhang L, Liu T, et al. (2010). “Resolvins RvE1 and RvD1 attenuate inflammatory pain via central and peripheral actions.”. Nat. Medicine 16 (5): 592–7, 1p following 597. doi:10.1038/nm.2123. PMC 2866054. PMID 20383154. http://www.nature.com/nm/journal/vaop/ncurrent/abs/nm.2123.html.