ルーサー・バーバンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーサー・バーバンク
バーバンク種

ルーサー・バーバンク(Luther Burbank, 1849年3月7日-1926年4月11日)は、アメリカ植物学者園芸家・育種家。多くの植物品種改良を行った。特にジャガイモサボテンの品種改良の成功で有名。

バーバンクによって作り出された植物の品種のうち代表的なものは、シャスタ・デイジー、とげのないサボテン、バーバンク種のジャガイモなどである。

マサチューセッツ州のランカスター生まれ。15人兄弟の13番目で、小学校程度の教育しか受けなかったが、農場で育ち、母親の持っていた広い庭で植物に親しんだ。21歳のときに父親が亡くなり、遺産でマサチューセッツ州ルーネンバーグ付近に69,000 m²ほどの土地を購入。1872年から1874年にかけて、Burbank potatoと呼ばれるジャガイモの品種を作り出した。彼はこのジャガイモの権利を売り、その金でカリフォルニア州ソノマ郡サンタローザへ移り、さらに広大な農園や温室などを建設し、多数の野菜や果樹の交配や育種を行った。

バーバンク種のジャガイモのうち、表面が赤茶色になった「Russet Burbank potato」は現在でもアメリカで最も栽培される品種であり、アイダホ州が主産地になっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ルーサー・バーバンクに関するカテゴリがあります。