ルリタニア王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルリタニア王国(Kingdom of Ruritania)は、アンソニー・ホープの「ゼンダ城の虜」(1894年)「ヘンツォ伯爵」(1898年)及び「The Heart of Princess Osra」(1896年、邦訳未刊行)に登場する架空の

概要[編集]

現実世界(19世紀末のヨーロッパ)にある架空の国という設定で、欧米における物語のジャンル:ルリタニアン・ロマンスRuritanian romance)の語源となり、後世の冒険ロマン小説に影響を与えた。

地理・政治[編集]

中央ヨーロッパにある王国。首都はストレルサウ(Strelsau)。公用語はドイツ語で、主要な宗教はカトリック[1]

ストレルサウは旧市街と新市街に分かれている[2]。またパリからドレスデン行の列車が:ゼンダ(Zenda:国境から10マイル、首都から50マイルにある町)に停まる[3]

歴史[編集]

エルフバーグ家(Elphberg)が統治している。

英国王ジョージ2世の時代、1733年に英国に遊学中のルドルフ3世が恋愛スキャンダルを起こした。また、ルドルフ3世の妹[4]を描いたのが「The Heart of Princess Osra」である。

ヨーロッパ各地で発生した1848年革命はルリタニアにも多大な影響を与えた。

19世紀末には、ルドルフ5世と異母弟ミヒャエルの間に王位をめぐる抗争があり、ミヒャエルが敗死する。その約3年後、ミヒャエル派の残党によりルドルフ5世が暗殺され、ルドルフ5世の王妃フラビアが女王となった。

脚注[編集]

  1. ^ 「ゼンダ城の虜」創元推理文庫、井上勇訳、P51
  2. ^ 「ゼンダ城の虜」創元推理文庫、井上勇訳、P55
  3. ^ 「ゼンダ城の虜」創元推理文庫、井上勇訳、P25
  4. ^ なお、この王女が、エルフバーグ家とルドルフ・ラッセンディルの最も近い共通祖先である