ルドルフ・フォン・グナイスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グナイスト

ハインリヒ・ルドルフ・ヘルマン・フリードリヒ・フォン・グナイスト(Heinrich Rudolf Hermann Friedrich von Gneist, 1816年8月13日 - 1895年7月22日)は、プロイセン時代のドイツ法学者国法学)で政治家。ユダヤ系ドイツ人[要検証 ]

人物[編集]

主著は1872年に初版発行の『法治国家』。保守的で穏健な自由主義者であったが、当時の社会情勢から「国家」と「社会」の本質的対立を見出し、両者を止揚するため、行政の非党派性・専門性を重視した彼の理論は法治主義を形式的で法技術的な原理に転化するきっかけを作った。弟子はアルバート・モッセ伊藤博文伊東巳代治ら日本の憲法調査団にドイツ国法学を講義し、明治憲法にも影響を及ぼした。他の有名な教え子にはマックス・ヴェーバーがいる。

略歴[編集]

参考文献[編集]

  • 上山安敏『憲法社会史』(日本評論社、1977年

関連項目[編集]