ルスラン・ヤマダエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルスラン・ヤマダエフ(2004年撮影)

ルスラン・ヤマダエフロシア語: Руслан Ямадаев, ラテン文字転写: Ruslan Yamadayev1961年12月10日 - 2008年9月24日)は、ロシア連邦チェチェン共和国の政治家、軍人。大佐。ロシア連邦英雄

チェチェン・イチケリア共和国(独立派)の准将。チェチェン最大の部族の1つであるベノイ部族に属し、グデルメス市を支配するヤマダエフ氏族出身。6人兄弟の長男。

経歴[編集]

グデルメスの中学校卒業後、ロシアの建築現場で働いた。1991年、ジョハル・ドゥダエフ政権樹立後、故郷に戻り、商業に従事した。

第1次チェチェン戦争時、独立派を支援し、弟のスリムと共に准将の階級を授与された。

1997年、ワッハーブ派の過激派との紛争が発生した。1999年、ヤマダエフ氏族が支配するグデルメスは、独立派の支配下から離れた。同年8月、グデルメスを通過して、ダゲスタンに出撃しようとするシャミール・バサエフの部隊を妨害した。第2次チェチェン戦争勃発後、ヤマダエフ氏族は、独立派への従属を拒否し、2000年2月、ロシア連邦に投降した。

2001年9月、共和国軍事警備司令部副司令に任命(2002年5月に弟のスリムも同副司令に任命)。ヤマダエフ氏族とその支持者から編成された特殊任務中隊(後のヴォストーク大隊)は、アブ=タリプ・アブドゥルケリモフ、バロン・アラプハノフ、ヤクブ・ビジエフ、バドルジ・アラプハノフ等の独立派の野戦指揮官を殺害した。

2002年8月、統一ロシアのチェチェン地域執行委員会議長に就任。2003年6月、チェチェン国会議長に出馬するが、フセイン・イサエフに敗北。2003年12月、統一ロシアからロシア連邦国家会議(下院)代議員に選出。2004年8月2日、ロシア連邦英雄の称号を授与。

2005年12月、統一ロシア総会幹部会は、ヤマダエフを同党チェチェン支部長にすることを可決したが、現地のチェチェンでは、ラムザン・カディロフが推薦された。2007年10月、カディロフが牛耳る統一ロシアのチェチェン支部は、ヤマダエフを候補者リストから外した。

2008年4月14日、ヴォストーク大隊の兵士がカディロフの車列を停車させる事件が発生し、カディロフは、同大隊の駐屯地を封鎖した。同年9月24日、モスクワで暗殺。

パーソナル[編集]

妻帯、3男2女を有する。ロシア連邦大統領附属ロシア国務アカデミーを卒業。

ロシア連邦英雄(2004年8月2日)。「武勲に対する」メダルを受章。1996年、チェチェン・イチケリア共和国(独立派)の最高勲章「民族の英雄」を受章。

ヤマダエフ6兄弟[編集]

  • 長男:ルスラン・ヤマダエフ - 下院議員、軍人。ロシア連邦英雄。2008年9月暗殺
  • 次男:ジャブライル・ヤマダエフ - 軍人。ロシア連邦英雄。2003年3月戦死
  • 三男:スリム・ヤマダエフ - 軍人。ロシア連邦英雄。2009年3月暗殺
  • 四男:アスラン・ヤマダエフ
  • 五男:イサ・ヤマダエフ - 政治家、実業家、軍人。
  • 六男:バドルジ・ヤマダエフ