ルイ・ピエール・ムイヤール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイ・ピエール・ムイヤール: Louis Pierre Mouillard1834年9月30日 - 1897年9月20日)は、19世紀後半に重航空機を研究したフランス人。リヨンに生まれ、カイロで没した[1]。彼の研究の一部は、アレクサンドリア滞在時代の鳥の観察記録に基づいており、後にライト兄弟にも受け容れられた。

彼は多くのレポートを発表した。最も有名なのは1881年にフランスで刊行された"L'Empire de l'Air"(空の帝王)であり、その中でムイヤールは固定翼を持つグライダーを提案した(たわみ翼による操縦や動力の装備についても考察している[1])。この著作はすぐに同分野の古典として認知されるようになり、1893年にはスミソニアン協会によって英訳"The Empire Of The Air"も出された。

ムイヤールは1856年からグライダーの実験をしており、(彼のグライダーはどれもうまく機能しなかったものの)滑空が未来の航空にとって重要であることをよく認識していた。その洞察は後にドイツのオットー・リリエンタールと共有されることになった。

出典[編集]

  1. ^ a b de:Louis Mouillard 00:05, 16. Sep. 2009

外部リンク[編集]