リー・マクマホン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リー・マクマホン英語: Lee E. McMahon1931年 - 1989年)は、アメリカ合衆国計算機科学者である。

セントルイス大学を卒業後、ハーバード大学心理学Ph.D.を修得した。ベル研究所にて1963年から1989年まで奉職し、UNIXの初期のバージョン、特にsedストリームエディタの開発に貢献した事で知られる[1]。彼は、他にもcomm, qsort, Grep, index, cref, cuそしてDatakitの開発にも携わった。そして、スイス式トーナメントを変形したマクマホン式トーナメントを考案する事によって、世の中に名を知らしめる事になった。これは彼が囲碁の愛好家で、囲碁を研究していた事による。

しかし、ベル研究所に在職中の1989年に58歳の若さで死去した。

脚注[編集]