リリス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リリス
Lilith
「夜の魔女」、リリス
監督 ロバート・ロッセン
脚本 ロバート・ロッセン
ロバート・アラン・アーサー
原作 J・R・サラマンカ
製作 コロムビア映画
製作総指揮 ロバート・ロッセン
出演者 ウォーレン・ベイティ
ジーン・セバーグ
音楽 ケニヨン・ホプキンス
撮影 ユージン・シュフタン
編集 アラム・アヴァキアン
配給 アメリカ合衆国の旗 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1964年9月27日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示
Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
公開時のポスター
Searchtool.svg en:File:101938.1020.A.jpg

リリス』(Lilith)は、1964年(昭和39年)製作、ロバート・ロッセン監督によるアメリカ合衆国の長篇劇映画である。

略歴・概要[編集]

ロケーション撮影は、メリーランド州ロックヴィル市内と同市内のチェストナット・ロッジ、同州ポトマック川グレート・フォールズニューヨーク州ローカスト・ヴァレーなどで行われた。

リリスを演じたジーン・セバーグが、ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞にノミネートされた。セバーグを自らのデビュー作の『勝手にしやがれ』(1958年)のヒロインに選んだジャン=リュック・ゴダールは、1965年(昭和40年)に『カイエ・デュ・シネマ』で発表したベストテンに本作を選んだ。

日本では劇場公開されなかったが、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが2005年(平成17年)以来、1年おきにDVDを新盤で発売している。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

私立の精神病院を舞台に、訓練中の作業療法士ヴィンセント・ブルース(ウォーレン・ベイティ)が、誘惑的で非常に能力の高い統合失調症の患者リリス・アーサー(ジーン・セバーグ)に危険なほど夢中になってしまう話である。

ヴィンセントがリリスに夢中になっていることに嫉妬した、もうひとりの患者スティーヴン・エフシェフスキー(ピーター・フォンダ)の自殺を巧みに処理したあとに、ヴィンセントは、上司に対し、自分自身に関する精神医学的な救済を願い出るのだった。

関連事項[編集]

関連書籍[編集]

[編集]

外部リンク[編集]