リバティー号事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスラエル軍の攻撃を受け救助を待つリバティー

リバティー号事件(リバティーごうじけん)は、1967年アメリカ合衆国情報収集艦イスラエル軍に攻撃された事件。

概要[編集]

1967年6月6日第三次中東戦争開戦から2日後の6月8日、東地中海、シナイ半島沖の公海上で、アメリカ国家安全保障局(NSA)の電波情報収集任務に就いていたアメリカ海軍の技術調査艦リバティー(USS Liberty, AGTR-5 7,725トン。乗員358名)が、イスラエル空軍機と魚雷艇から攻撃を受け乗員34名が死亡、173名が負傷した。 同盟国であるイスラエルに配慮して事故とされたが、攻撃は故意か誤認かという議論が現在でも続いている。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • 月刊軍事研究5,’02
  • James Bamford (原著ISBN 0-385-49908-6, pp.185-239, 2002) 瀧沢 一郎 (翻訳) 「すべては傍受されている―米国国家安全保障局の正体」角川書店 2003 (イスラエル軍による攻撃経過)