リチャード・ブラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リチャード・ブラント(Richard Brandt,1910年 - 1997年)は米国の哲学者。チャールズ・スティーブンソンウィリアム・フランケアとともにミシガン大学でながらく研究にたずさわった。倫理学を専門とし、規範倫理学においては規則功利主義の立場をとる。アラン・ギバードにも大きな影響を与えた。著書に「Ethical Theory: The Problems of Normative and Critical Ethics」などがある。

参考書籍[編集]

  • Gibbard, Allan (1990). "Wise Choices, Apt Feelings". Clarendon Press. viii. ISBN 0198249853.
  • Richard B. Brandt (1959). "Ethical Theory: The Problems of Normative and Critical Ethics". Prentice-Hall.
  • Richard B. Brandt (1979). "A Theory of the Good and the Right". Clarendon Press. ISBN 0198245505.