リアノジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
構造式

リアノジン(Ryanodine)は中南米産のヤナギ科イイギリ科)樹木Ryania speciosaから得られる有毒アルカロイド

リアノジン受容体は動物の横紋筋にあるカルシウムチャンネルとして同定された。これにリアノジンが結合すると筋小胞体中のカルシウムイオンが放出され、持続的な筋収縮をひき起こす。またその他の多くの細胞にもリアノジン受容体が存在し、カルシウムによる細胞機能の調節に関与することが明らかにされている。