ラージプーターナー飢饉 (1869年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1869年のラージプーターナー飢饉とは、ラージプーターナー藩王国を中心とし、イギリス領インド帝国の直轄領であったアジメールグジャラートデカン高原北部、中央州及びベラール(後のマディヤ・プラデーシュ州にほぼ相当)、連合州(後のウッタル・プラデーシュ州)、パンジャーブ州の範囲、おおよそ75万平方km、居住人口4450万人の地域に発生した飢饉のことである[1]

原因[編集]

1868年の夏のモンスーンの季節、この地域では吹き始めるのが例年に比べて著しく遅く、8月のみしか吹かなかった[1]。このことから、雨量不足が深刻となり、ラージプート地方の食料が不足する事態となった。食糧を輸入しようにも、当時のインフラストラクチャーが貧弱だったこともあり、ラクダによる輸送が限度であり、また、ラージプートの一部の地域では、アクセスが困難である地域もあった[1]

飢餓に苦しむラージプーターナーの多くの人々が、家畜とともに、移住を余儀なくされた[1]。例えば、マルワールen)の場合では、人口の3分の2が移住したとされている。しかし、彼らの多くは帝国政府の直轄領であるアジメールには赴こうとはしなかった。アジメールでは、飢饉対策が施されていたからにもかかわらずである。その結果、多くの人々が食料を求めて、さまようこととなった[1]

1868年の冬にはコレラが流行し、多くの人々の体力を蝕み、1869年の春の収穫も皆無に等しかった[1]。1869年5月、初期に移住を開始していた人々は、自らの出てきた村へ戻り始めた。彼らは、今年こそは雨が降ると信じて戻ったのであるが、期待は裏切られ、7月中旬まで、雨はほとんど降ることなく、飢餓のために命を落とすこととなった[1]

1869年も9月から10月の間には来春の春の収穫を保障してくれる雨が降った。しかし、この降雨により、マラリアが流行することとなり、多くの人々が命を落とすこととなった[1]

最終的に、この地域の飢餓状態が脱するようになったのは、予想されていた収穫が確保できた1870年春のことであった。

救援活動[編集]

この飢饉の救援活動に関しては、1866年に発生したオリッサの飢饉の失敗と同様に、批判が展開された。1868年の早い段階で、イギリス領インド帝国政府は、直轄領であるアジメール、この飢饉の範囲においては東に位置するアーグラー近郊においては、救援活動を実施し、その費用は、アジメールでは、救援活動だけで490万ルピーを投下している。一方、藩王国の統括地域であったため、ラージプーターナー地方のそれぞれの藩王国は救援活動に資本を投下することはなく、せいぜい、メーワール藩王国が50万ルピーを投下したに過ぎなかった。

結果として、飢饉の最終段階では、藩王国からイギリス直轄領に人々が移動することとなり、帝国政府の救援活動の能力を超える事態となった。

この期間で、ラージプーターナーが失った人口は大きく、おおよそ150万人以上が死亡したとされる。


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Imperial Gazetteer of India vol. III 1907, p. 487

参考文献[編集]

あくまでも英語版作成の際に用いられた参考文献であり、日本語版作成の際には用いられていない点、注意。

  • Ambirajan, S. (1976), "Malthusian Population Theory and Indian Famine Policy in the Nineteenth Century", Population Studies 30 (1)
  • Arnold, David; Moore, R. I. (1991), Famine: Social Crisis and Historical Change (New Perspectives on the Past), Wiley-Blackwell. Pp. 164, ISBN 0631151192
  • Bhatia, B. M. (1991), Famines in India: A Study in Some Aspects of the Economic History of India With Special Reference to Food Problem, 1860–1990, Stosius Inc/Advent Books Division. Pp. 383, ISBN 8122002110
  • Dutt, Romesh Chunder (1900 (reprinted 2005)), Open Letters to Lord Curzon on Famines and Land Assessments in India, London: Kegan Paul, Trench, Trubner & Co. Ltd (reprinted by Adamant Media Corporation), ISBN 1402151152
  • Dyson, Tim (1991), "On the Demography of South Asian Famines: Part I", Population Studies 45 (1), http://links.jstor.org/sici?sici=0032-4728%28199103%2945%3A1%3C5%3AOTDOSA%3E2.0.CO%3B2-V
  • Dyson, Tim (1991), "On the Demography of South Asian Famines: Part II", Population Studies 45 (2), http://links.jstor.org/sici?sici=0032-4728%28199107%2945%3A2%3C279%3AOTDOSA%3E2.0.CO%3B2-S
  • Dyson, Time (ed.) (1989), India's Historical Demography: Studies in Famine, Disease and Society, Riverdale MD: The Riverdale Company. Pp. ix, 296
  • Famine Commission (1880), Report of the Indian Famine Commission, Part I, Calcutta
  • Ghose, Ajit Kumar (1982), "Food Supply and Starvation: A Study of Famines with Reference to the Indian Subcontinent", Oxford Economic Papers, New Series 34 (2)
  • Government of India (1867), Report of the Commissioners Appointed to Enquire into the Famine in Bengal and Orissa in 1866, Volumes I, II, Calcutta
  • Grada, Oscar O. (1997), "Markets and famines: A simple test with Indian data", Economic Letters 57
  • Hall-Matthews, David (2008), "Inaccurate Conceptions: Disputed Measures of Nutritional Needs and Famine Deaths in Colonial India", Modern Asian Studies 42 (1), http://dx.doi.org/10.1017/S0026749X07002892
  • Hardiman, David (1996), "Usuary, Dearth and Famine in Western India", Past and Present (152)
  • Hill, Christopher V. (1991), "Philosophy and Reality in Riparian South Asia: British Famine Policy and Migration in Colonial North India", Modern Asian Studies 25 (2)
  • Imperial Gazetteer of India vol. III (1907), The Indian Empire, Economic (Chapter X: Famine, pp. 475–502, Published under the authority of His Majesty's Secretary of State for India in Council, Oxford at the Clarendon Press. Pp. xxx, 1 map, 552.
  • Klein, Ira (1973), "Death in India, 1871-1921", The Journal of Asian Studies 32 (4)
  • McAlpin, Michelle B. (1983), "Famines, Epidemics, and Population Growth: The Case of India", Journal of Interdisciplinary History 14 (2)
  • McAlpin, Michelle B. (1979), "Dearth, Famine, and Risk: The Changing Impact of Crop Failures in Western India, 1870–1920", The Journal of Economic History 39 (1)
  • McGregor, Pat; Cantley, Ian (1992), "A Test of Sen's Entitlement Hypothesis", The Statistician 41 (3 Special Issue: Conference on Applied Statistics in Ireland, 1991), http://www.jstor.org/stable/pdfplus/2348558.pdf
  • Mellor, John W.; Gavian, Sarah (1987), "Famine: Causes, Prevention, and Relief", Science (New Series) 235 (4788), http://www.jstor.org/stable/pdfplus/1698676.pdf
  • Owen, Nicholas (2008), The British Left and India: Metropolitan Anti-Imperialism, 1885–1947 (Oxford Historical Monographs), Oxford: Oxford University Press. Pp. 300, ISBN 0199233012
  • Sen, A. K. (1977), "Starvation and Exchange Entitlements: A General Approach and its Application to the Great Bengal Famine", Cambridge Journal of Economics
  • Sen, A. K. (1982), Poverty and Famines: An Essay on Entitlement and Deprivation, Oxford: Clarendon Press. Pp. ix, 257, ISBN 0198284632
  • Stone, Ian, Canal Irrigation in British India: Perspectives on Technological Change in a Peasant Economy (Cambridge South Asian Studies), Cambridge and London: Cambridge University Press. Pp. 389, ISBN 0521526639