オリッサ飢饉 (1866年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1866年のオリッサ飢饉とは、マドラス(現チェンナイ)からベンガルにいたるインド東海岸(現在のオリッサ州を中心とする地域)を襲った飢饉のことである。おおよそ46万平方kmのこの地域には4750万の人々が、当時住んでいたが、地理的には他のインドの諸地域とは隔絶された地域であった[1]

原因[編集]

19世紀に頻発したほかのインドの飢饉と同様に、飢饉の発生原因は旱魃にある。この地域の住民は冬季に生産されるコメに食糧を依存していた。しかし、1865年、吹くべきはずのモンスーンがほとんど吹くことがなかった[1] 。加えて、ベンガル州政府は、どれだけの人々がこの地域に居住しているのかを把握し切れておらず、そのため、本当に救済に必要な食料を確保することが出来なかった。

結果として、食糧の備蓄が減り始め、1866年5月までに状況が悪化するとともに、夏のモンスーンの季節が到来した[1]

救援活動[編集]

地理的に隔絶された地域への食料の輸送作業は悪天候のため、難航した。また、この地域のインフラストラクチャーが貧弱だったこともあり、船によるオリッサ外からの食糧の輸送は困難であると同時に、内陸部の輸送も困難であった。帝国政府は、1万トンのコメをこの地域に運んだが、9月よりも前に、飢えに苦しむ人々の口には届かなかった[1]

飢えと疫病(夏のモンスーンが吹く以前はコレラ、吹いた後にはマラリア)により、少なくともオリッサでは人口の3分の1にあたる100万人が1866年中に、その後2年間で、おおよそ400から500万人が死亡した[1]

1866年に降った豪雨はまた、洪水を引き起こし、オリッサ低地部のコメ生産を破壊した。2年連続の少雨を予想していた帝国政府は、結果として、定価で4万トンのコメを購入し、この地域の救済に充てた。とはいえ、この4万トンの数字は多くを見積もりすぎた数字であり、続く1867年の大豊作を迎えるまでに消費されたコメの量はその半分に過ぎなかった。

飢饉は1868年に終焉を迎えたが、帝国政府が飢饉の救済に9500万ルピーを支出することとなったが、これだけ多い支出になったのは、輸入されたコメの価格が高いことにあった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Imperial Gazetteer of India vol. III 1907, p. 486

参考文献[編集]

あくまでも、英語版に挙げられている参考文献であり、日本語版の作成にあたり、参考にしていない。

  • Ambirajan, S. (1976), “Malthusian Population Theory and Indian Famine Policy in the Nineteenth Century”, Population Studies 30 (1) 
  • Arnold, David; Moore, R. I. (1991), Famine: Social Crisis and Historical Change (New Perspectives on the Past), Wiley-Blackwell. Pp. 164, ISBN 0631151192 
  • Bhatia, B. M. (1991), Famines in India: A Study in Some Aspects of the Economic History of India With Special Reference to Food Problem, 1860–1990, Stosius Inc/Advent Books Division. Pp. 383, ISBN 8122002110 
  • Dutt, Romesh Chunder (1900 (reprinted 2005)), Open Letters to Lord Curzon on Famines and Land Assessments in India, London: Kegan Paul, Trench, Trubner & Co. Ltd (reprinted by Adamant Media Corporation), ISBN 1402151152 
  • Dyson, Tim (1991), “On the Demography of South Asian Famines: Part I”, Population Studies 45 (1), http://links.jstor.org/sici?sici=0032-4728%28199103%2945%3A1%3C5%3AOTDOSA%3E2.0.CO%3B2-V 
  • Dyson, Tim (1991), “On the Demography of South Asian Famines: Part II”, Population Studies 45 (2), http://links.jstor.org/sici?sici=0032-4728%28199107%2945%3A2%3C279%3AOTDOSA%3E2.0.CO%3B2-S 
  • Dyson, Time (ed.) (1989), India's Historical Demography: Studies in Famine, Disease and Society, Riverdale MD: The Riverdale Company. Pp. ix, 296 
  • Ghose, Ajit Kumar (1982), “Food Supply and Starvation: A Study of Famines with Reference to the Indian Subcontinent”, Oxford Economic Papers, New Series 34 (2) 
  • Government of India (1867), Report of the Commissioners Appointed to Enquire into the Famine in Bengal and Orissa in 1866, Volumes I, II, Calcutta 
  • Government of India (1880), Report of the Indian Famine Commission, Part I, Calcutta 
  • Grada, Oscar O. (1997), “Markets and famines: A simple test with Indian data”, Economic Letters 57 
  • Hardiman, David (1996), “Usuary, Dearth and Famine in Western India”, Past and Present (152) 
  • Hill, Christopher V. (1991), “Philosophy and Reality in Riparian South Asia: British Famine Policy and Migration in Colonial North India”, Modern Asian Studies 25 (2) 
  • Imperial Gazetteer of India vol. III (1907), The Indian Empire, Economic (Chapter X: Famine, pp. 475–502, Published under the authority of His Majesty's Secretary of State for India in Council, Oxford at the Clarendon Press. Pp. xxx, 1 map, 552. 
  • Klein, Ira (1973), “Death in India, 1871-1921”, The Journal of Asian Studies 32 (4) 
  • McAlpin, Michelle B. (1983), “Famines, Epidemics, and Population Growth: The Case of India”, Journal of Interdisciplinary History 14 (2) 
  • McAlpin, Michelle B. (1979), “Dearth, Famine, and Risk: The Changing Impact of Crop Failures in Western India, 1870–1920”, The Journal of Economic History 39 (1) 
  • Owen, Nicholas (2008), The British Left and India: Metropolitan Anti-Imperialism, 1885–1947 (Oxford Historical Monographs), Oxford: Oxford University Press. Pp. 300, ISBN 0199233012 
  • Sen, A. K. (1977), “Starvation and Exchange Entitlements: A General Approach and its Application to the Great Bengal Famine”, Cambridge Journal of Economics 
  • Stone, Ian, Canal Irrigation in British India: Perspectives on Technological Change in a Peasant Economy (Cambridge South Asian Studies), Cambridge and London: Cambridge University Press. Pp. 389, ISBN 0521526639 

関連項目[編集]