ラ・リオハ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラ・リオハ自治州
Comunidad Autónoma de La Rioja
Flag of La Rioja (with coat of arms).svg Coat of Arms of La Rioja.svg
州旗 紋章
Localización de La Rioja.svg
州都 ログローニョ
面積
 – 総面積
 – 割合
第16位
  5,045km²
  1.0%
人口
 – 総人口(2008)
 – 割合
 – 人口密度
第17位
  317,501人
  0.69%
  62.93人/km²
住人の呼称
 – スペイン語

  riojano/-a
自治州法 1982年6月9日
ISO 3166-2:ES LO
議席割当
 – 下院
 – 上院
  4
  5
州首相 ペドロ・サンス・アロンソ(国民党
州政府のサイト

ラ・リオハ州La Rioja)は、スペインを構成する自治州の一つである。また、ラ・リオハ州はラ・リオハ県のみで構成され、自治州創設以前はログローニョ県(Provincia de Logroño)と呼ばれていた。州都・県都は、ログローニョ

バスク州ナバーラ州アラゴン州カスティーリャ・イ・レオン州と接している。州内をエブロ川とその支流のオハ川が流れている。

この地方は、正式にはログローニョという地名でも知られ、10世紀頃、ナバーラ王国カスティーリャ王国が争った地域でもある。最終的には、1173年にカスティーリャ王国に併合された。

この地方は1833年にログローニョ県が創設されるまでは、ブルゴスとソリアに分割され、監督されていた。1980年に、1982年のサン・ミリャン基本法(ラ・リオハ州基本法)の承認を経て1県による自治州創設するための、第一歩として県名をラ・リオハ県に変更した。それは、1099年のミランダ・デ・エブロフエロに記載されて以来のこの地方の歴史的アイデンティティによるものである。

リオハ・ワインの生産地として有名である。

地理[編集]

人口[編集]

ラ・リオハ州の人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[1]、1996年 - [2] 

行政区画[編集]

人口の約半分が州都に住んでおり、また174ある自治体のうち、ほぼ半数は人口が200人以下である。

主な自治体 (2010年)[編集]

順位 自治体 人口[2]
1 ログローニョ 152,650
2 カラオーラ   24,876
3 アルネード   14,425
4 アーロ   11,960
5 アルファーロ     9,813
6 ナヘラ     8,404
7 ラルデーロ     8,118
8 サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサーダ     6,737
9 ビジャメディアーナ・デ・イレグア     6,723
10 アウトル     4,385

脚注[編集]

  1. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  2. ^ a b Series de población desde 1996. Cifras oficiales de la Revisión anual del Padrón municipal a 1 de enero de cada año.

外部リンク[編集]