ラヴィル・ガイヌッティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラヴィル・ガイヌッティン

ラヴィル・ガイヌッティンロシア語Равиль Исмагилович Гайнутдин1959年8月25日-)は、ロシアイスラーム指導者。ヨーロッパ・ロシア・ムスリム宗務局代表、ロシア・ムフティー協会代表を務めている。

人物・略歴[編集]

1959年タタールスタンで生まれる。1979年ブハラミーリ・アラブ・マドラサに入学し、イスラーム諸学を修めた。修了後は、カザンヌール・イスラーム・モスクの指導者(イマーム・ハティープ)となる。 1985年には、ソ連邦の公的ムスリム機関である「ソ連邦ヨーロッパ部およびシベリア・ムスリム宗務局(ДУМЕС、現在の中央ムスリム宗務局)」にて書記として勤務した。1987年モスクワ・モスクのイマーム・ハティープとなり、1991年にはモスクワ・イスラーム・センターの代表に選任された。 1994年1月29日ムフティーに選出され、ヨーロッパ・ロシアのムスリムを管轄する「ロシア中央ヨーロッパ部ムスリム宗務局(現在のヨーロッパ・ロシア・ムスリム宗務局, ДУМЕР)」の代表に就任。1996年7月1日ロシア・ムフティー協会Совет муфтиев России)の代表となる。

ガイヌッティンは宗務局の代表として、ロシア国内でのモスクの建設活動に積極的に携わり、1998年以降、約1,000箇所のモスクの建設に関わった。また、ロシアの政治エリートとも良好な関係を持ち、1997年には、モスクワ市長ルシコフの協賛の下に、大祖国戦争1941年6月〜1945年5月)での戦死者を祈念する「殉教者モスク(Мечеть Шухада)」をモスクワ市内に建設した。

1998年に「友好勲章」を受勲。「シェイフ」の称号で呼ばれる。

イスラームに関する研究著作も多い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]