ラマヌジャン (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラマヌジャン
4130 Ramanujan
仮符号・別名 1988 DQ1
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
エオス族
発見
発見日 1988年2月17日
発見者 R. ラジャモハン
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)
軌道長半径 (a) 3.054 AU
近日点距離 (q) 2.927 AU
遠日点距離 (Q) 3.180 AU
離心率 (e) 0.041
公転周期 (P) 5.34
軌道傾斜角 (i) 9.78
近日点引数 (ω) 44.32 度
昇交点黄経 (Ω) 175.45 度
平均近点角 (M) 0.83 度
物理的性質
絶対等級 (H) 12.6
■Project ■Template

ラマヌジャン (4130 Ramanujan) は小惑星帯に位置する小惑星。インド、タミル・ナードゥ州のKavalurの近くのヴァイヌ・バップ天文台でR・ラジャモハン (R. Rajamohan) が発見した。インドで発見された最初の小惑星である。

インドの天才数学者、シュリニヴァーサ・ラマヌジャンから命名された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
リチェレン (小惑星)
小惑星
ラマヌジャン (小惑星)
次の小惑星:
スタシック (小惑星)