ラッセル・シュウェイカート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Russell Louis "Rusty" Schweickart

ラッセル・L・シュウェイカート(Russell Louis "Rusty" Schweickart または Schweikart、1935年10月25日 - )はアメリカ合衆国宇宙飛行士である。着陸船の初の有人試験を行った、アポロ9号の月着陸船操縦士として241時間の宇宙飛行を行った。

ニュージャージー州のネプチューンに生まれた。マサチューセッツ工科大学で航空工学を学んだ。1963年10月に宇宙飛行士に選ばれ、1969年3月、アポロ9号の月着陸船操縦士としてはジム・マクディビットデイヴィッド・スコットとともに宇宙飛行を行った。月飛行に用いられる生命維持装置の試験も任務で、当初月着陸船から司令船に船外移動実験が予定されていた。シュウェイカートは軌道に乗った最初の日から宇宙酔いに悩まされ、船外移動実験は中止されたが、回復後月着陸船のハッチで宇宙服を着て船外活動した。この飛行では、宇宙からの実況中継テレビ放送され、エミー賞を受賞した。

飛行後、宇宙酔いの研究のためにアポロ計画のメンバーから外れた。1973年春の最初のスカイラブの予備飛行士を務めた。NASA勲功章、NASA特別勲功章(1973年)を受勲した。

小惑星の衝突から地球を守るためのグループ、B612基金の設立者の1人である。