ラス・ピエドラスの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンダ・オリエンタルでの革命戦争
Battle of Las Piedras.jpg
ポサダの降伏。ラス・ピエドラスにて, フアン・マヌエル・ブラネス画。
1811年 5月18日
場所 ウルグアイラス・ピエドラス近郊
結果 革命軍の勝利
衝突した勢力
王党派 革命派
指揮官
ホセ・ポサーダス ホセ・ヘルバシオ・アルティガス
戦力
1230 1000

ラス・ピエドラスの戦い(La Batalla de Las Piedras)とは、ホセ・ヘルバシオ・アルティーガスバンダ・オリエンタル革命軍と、スペイン帝国軍との戦いである。

1811年2月にモンテビデオ総督でラ・プラタ副王だったフランシスコ・ハビエル・デ・エリオモンテビデオにてブエノスアイレスの革命委員会に対する戦いを宣言した。ブエノスアイレス主導の独立運動と呼応したホセ・アルティガスは軍を率いてモンテビデオを攻略しに向かった。

1811年5月18日、ホセ・ポサーダスは1230人の兵力を率いてラス・ピエドラス近郊でアルティーガスと戦うが、敗れて降伏した。

この戦いの勝利により、アルティーガス軍はモンテビデオの包囲に入った。5月18日はウルグアイの祝日になっている。

関連項目[編集]