ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペスタロッチ

ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチ(Johann Heinrich Pestalozzi, 1746年1月12日 - 1827年2月17日)は、スイスの教育実践家、シュタンツ、イベルドン孤児院の学長。フランス革命後の混乱の中で、スイスの片田舎で孤児や貧民の子などの教育に従事し、活躍の舞台として、スイス各地にまたがるノイホーフ、シュタンツ、イフェルドン、ブルクドルフがなどが有名である。

一部の研究者は、「ペスタロッチー」と表記するが、ドイツ語およびイタリア語の発音では「ペスタロッツィ」が正確である。妻はアンナ・シュルテス(1764年に結婚)、息子および、孫にゴットリープがいる。

人物[編集]

ペスタロッチの肖像を描いたスイスの旧20フラン紙幣

ペスタロッチはイタリア北部のロンバルディア州ソンドリオ県にあるキアヴェンナにルーツを持つイタリア系新教徒医師の3人兄妹の真ん中の子として、チューリヒで生まれた。1751年に父が病死し、1764年チューリヒ大学に入学した。

チューリヒ大学を卒業したペスタロッチは、貧農を救助するために農業に携わり、母方の叔父からの援助で農場ノイホーフを創設するが、後に事業に失敗して1774年に、孤児や貧困の子供のための学校を設立した。1800年にスイス政府の依頼で、全寮制の校長に就任した。

彼は基礎的なものから高度なものへという、直観教授、労作教育の思想は、当時のヨーロッパでは高い知名度を持ち、多くの期待を寄せられた。特に当時のドイツからは様々な人物が、教えを乞いに彼のもとを訪れた。なかでも、フリードリヒ・フレーベルヨハン・フリードリヒ・ヘルバルトがその教育史上の意義としては群を抜いて有名であり、また重要である。ペスタロッチの教育の実践は主として初等教育段階のものであったが、それをさらに幼児教育へと応用、展開したのはフレーベルの功績であり、また大学教育の場での教育学へとそれを整理、発展させたヘルバルトの功績も大である。初等教育のやり方の礎は、ほとんど彼によって築かれたといってもよい。

著書に、『隠者の夕暮』(1780年)、『リーンハルトとゲルトルート』(1781年 - 87年)、『ゲルトルートはいかにその子を教えたか』(1801年)、『白鳥の歌』(1826年)などがある。『隠者の夕暮』は、そのタイトルから晩年の遺作のように思われがちだが、初期の教育実践で失敗した後の自己告白である。

また、同時代イギリスで、工場経営者ながら、幼少の子供の工場労働を止めさせ、性格形成学院を設立した空想的社会主義者であるロバート・オウエンも、彼の学校を訪問したことがある。

1827年にアールガウ州ブルックで、死去した。

研究者[編集]

日本の教育界では、盛んに研究された外国の教育思想家、実践家のトップである。教育学者の長田新は、ペスタロッチの研究者かつ信奉者で、没後遺言により、長田の墓はスイスのペスタロッチの墓の傍らに作られた。長田の弟子である荘司雅子もフレーベルの研究者である。

「子どもの権利条約」の元になる子どもの権利という概念を第二次世界大戦のさなか、ポーランドのワルシャワゲットーの中で、ユダヤ人の孤児たちの孤児院院長をしながら提唱したヤヌシュ・コルチャックは熱烈なペスタロッチ信奉者でもあった。生涯最初の国外旅行にスイスにでかけ、ペスタロッチの活躍の舞台を訪ねて回ったり、彼の主著をもじって自著のタイトルにしたりした。

岡山県苫田郡鏡野町は、知・徳・体の調和的発達と弱者への配慮ある教育を提唱したペスタロッチに着目して、「日本のペスタロッチタウン・鏡野」を宣言。ペスタロッチ像を建て、町立図書館をペスタロッチ館と名づけ、その思想の普及と継承に努めている。ペスタロッチの像を建てている小中学校も少なくはない。ただ、その著書や参考書は、近年出版事情もあって、入手できるものが僅かになっている。

影響[編集]

  • 興亜工業大学(1942年、現在の千葉工業大学)にはペスタロッチの教育思想の影響が色濃く反映されている。

主要な著作[編集]

ノイホーフで妻アンナと共に子どもたちを教えるペスタロッチ
  • 『リーンハルトとゲルトルート』Lienhard und Gertrud. 4 Bände 1781 - 1787
  • 『隠者の夕暮』Die Abendstunde eines Einsiedlers. 1780
  • 『クリストフとエルゼ』Christoph und Else. 1782
  • 『立法と嬰児殺し』Gesetzgebung und Kindermord. 1783
  • 『然りか否か』Ja oder Nein? 1793
  • 『人類の発展の歩みについての私の探究』Meine Nachforschungen über den Gang der Natur in der Entwicklung des Menschengeschlechts. 1797
  • 『寓話』Fabeln. 1797
  • 『ゲルトルートはいかにその子らを教えるか』Wie Gertrud ihre Kinder lehrt.1801
  • 『我々の時代と私の祖国の無垢と真面目さと高貴さについて』An die Unschuld, den Ernst und den Edelmut meines Zeitalters und meines Vaterlandes. 1815
  • 『白鳥の歌』Schwanengesang. 1825
  • 『ペスタロッチー全集』全13巻 平凡社 1959-60年

参考文献[編集]

  • Pestalozzi, Johann Heinrich: Pestalozzi. Sämtliche Werke. Kritische Ausgabe. Begründet von Artur Buchenau; Eduard Spranger; Hans Stettbacher. Berlin/ Zürich: Gruyter 1927-1996
  • Pestalozzi, Johann Heinrich: Pestalozzi. Sämtliche Briefe. Herausgegeben vom Pestalozzianum u. der Zentralbibliothek Zürich, bearbeitet von Emanuel Dejung; Hans Stettbacher. Zürich: Zeller 1946-1971
  • Pestalozzi, Johann Heinrich: Pestalozzi über seine Anstalt in Stans. Mit einer Interpretation und neuer Einleitung von Wolfgang Klafki. Weinheim/Basel: Beltz 1997 (7)
  • Klafki, Wolfgang: Pestalozzis „Stanser Brief“. Eine Interpretation. In: Pestalozzi, Johann Heinrich: Pestalozzi über seine Anstalt in Stans. Mit einer Interpretation und neuer Einleitung von Wolfgang Klafki. Weinheim/ Basel: Beltz 1997 (7), S. 39-71
  • Kraft, Volker: Pestalozzi oder Das Pädagogische Selbst. Bad Heilbrunn 1996
  • Wulfmeyer, Meike: Entfaltung der Menschlichkeit. Johann Heinrich Pestalozzis (1746-1827) Einflüsse auf den Sachunterricht. In: Kaiser, Astrid/ Pech, Detlef (Hg.): Geschichte und historische Konzeptionen des Sachunterrichts. Basiswissen Sachunterricht Band 1. Baltmannsweiler: Schneider 2004, S. 65-68
  • Kuhlemann, Gerhard/Brühlmeier, Arthur: Johann Heinrich Pestalozzi, Band 2 in der Reihe "Basiswissen Pädagogik, Historische Pädagogik", herausgegeben von Christina Lost/Christian Ritzi. Schneider Verlag Hohengehren GmbH 2002
  • 片山忠次『ペスタロッチの幼児教育思想の研究』法律文化社 1984年
  • 長尾十三二・福田弘『ペスタロッチ Century Books-人と思想』清水書院 1991年
  • パウル・ナトルプ『ペスタロッチ その生涯と理念』東信堂 2000年
  • 乙訓稔『ペスタロッチと人権ー政治思想と教育思想の連関』東信堂 2003年
  • J.H.ボードマン『フレーベルとペスタロッチ-その生涯と教育思想の比較』東信堂 2004年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]