ヨハン・ゲオルク4世 (ザクセン選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ゲオルク4世
ヨハン・ゲオルク4世

ヨハン・ゲオルク4世Johann Georg IV., 1668年10月18日 - 1694年4月27日)は、ザクセン選帝侯(在位:1691年 - 1694年)。ヨハン・ゲオルク3世の長男で、フリードリヒ・アウグスト1世ポーランド王アウグスト2世)の兄。

1668年10月18日、ヨハン・ゲオルク3世とその妃であったデンマークフレデリク3世の王女アンナ・ソフィーの間の長男としてドレスデンで生まれた。1692年4月17日ザクセン=アイゼナハヨハン・ゲオルク1世の娘エレオノーレブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨハン・フリードリヒの未亡人で、イギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ2世キャロラインの母)とライプツィヒで結婚したが、彼女は1692年、1963年に続けて流産し、子供は生まれなかった。

1691年に父の死去によって選帝侯となったヨハン・ゲオルク4世は、大臣であったハンス・アダム・フォン・ショーニング(Hans Adam von Schoning, 1641年 - 1696年)の助言に従い、ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ3世(後のプロイセン王フリードリヒ1世)との同盟を強化し、神聖ローマ皇帝レオポルト1世からの独立志向を強めた。しかしこれはレオポルト1世との対立を招き、1692年7月にショーニングは皇帝軍によって捕らえられた。ヨハン・ゲオルク4世はショーニングを解放させることはできなかったが、レオポルト1世はヨハン・ゲオルク4世と和解することに成功した。

1694年4月27日にヨハン・ゲオルク4世は天然痘のためドレスデンで急死し、選帝侯位は弟のフリードリヒ・アウグスト1世が嗣いだ。

逸話[編集]

ヨハン・ゲオルク4世には、自身の即位後に公表し、1693年にロホリッツ伯爵に叙した愛人マグダレーナ・ジビュレ・フォン・ナイトシュッツ夫人(Magdalene Sibylle von Neidschutz, ? - 1694年)がいる。 マグダレーナは、実は父ゲオルク3世と愛妾ウルズラ・フォン・ハウクヴィッツとの間に生まれたゲオルク4世の異母妹だとされ、両親は二人を別れさせようとしていたという。彼女との間には、ヴィルヘルミーネ・マリアという娘が生まれている。マグダレーナは1694年に天然痘で死亡し、その後1月も待たずヨハン・ゲオルク4世も天然痘で死去している。二人の遺児ヴィルヘルミーネ・マリアは、フリードリヒ・アウグスト1世によって養育された。


先代:
ヨハン・ゲオルク3世
ザクセン選帝侯
1691年 - 1694年
次代:
フリードリヒ・アウグスト1世