ヨハン・クリストフ・ブルームハルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・クリストフ・ブルームハルト

ヨハン・クリストフ・ブルームハルトJohann Christoph Blumhardt1805年 - 1880年)は、ドイツルーテル派神学者牧師クリストフ・フリードリッヒ・ブルームハルトの父である。

1842年に若い女性から悪霊を追い出した事件から、リバイバルが起こり、神癒もなされた。その時「イエスは勝利者である」との叫びと共に悪霊が少女から出て行ったという。そして神癒を求めて多くの人がブルームハルトのもとに集まった。

ブルームハルト父子は体系的な神学を構築しなかったが、牧会的、神学的な大きな運動を引き起こした。特に神の国キリスト教終末論に大きく影響を与えた。

著書[編集]

参考書籍[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ヨハン・クリストフ・ブルームハルト」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。