ヨハネス・ド・サクロボスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
膨大な注釈がなされたサクロボスコの『天球論』(Tractatus de Sphaera)

ヨハネス・ド・サクロボスコ(Johannes de Sacrobosco または Sacro Bosco 、John of Holywood、1195年頃 - 1236年頃)は、イギリス生まれの学者天文学者である。パリ大学数学哲学を教え、中世の天文学のテキスト、『天球論』(Tractatus de Sphaera) を著した。

サクロボスコはラテン語で'holy wood'の意味で、ハリファックス ('Halifax') が生地で、そのラテン語名を名前にしたとされてきたが、異論もある。オクスフォード大学で学んだあと、1221年6月からパリ大学で学び、その後パリ大学で数学を教え、1230年頃、『天球論』を出版した。天動説宇宙論のテキストで、その後4世紀にわたって西ヨーロッパの学生のテキストとして用いられた。

数学の分野では『記数方論』(Tractatus de Arte Numerandi)、『アルゴリスムス』(Algorismus:計算法)はインド・アラビアの算術法のテキストとして用いられた。暦学の著書De Anni Rationeユリウス暦が、10日の狂いが生じていることを指摘し、ユリウス暦は228年に1日の調整が必要であることを示した。パリで没した。

著作[編集]

参考文献[編集]