ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応、ヘルクスハイマー反応(Jarisch-Herxheimer reaction)とは 梅毒レプトスピラ症回帰熱などの治療の為にペニシリンなどの抗生物質を投与した際に身体に起こる反応で以下のような症状が見られる。

  • 全身の倦怠感
  • 発熱
  • 頭痛
  • 悪寒
  • 筋肉痛
  • 頻脈
  • 体温の上昇
  • 呼吸切迫
  • 血圧の低下
  • 一時的な病変部の悪化

通常は投与後2時間前後から始まり、1 - 2日で回復する。病原の細菌が大量に死滅・破壊されて、細菌内部の毒素が血液に混入する事が原因と見られている。

アドルフ・ヤーリッシュ Adolf Jarisch senior (1861-1942) カール・ヘルクスハイマー Karl Herxheimer (1861-1944) にちなむ。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]