ヤーコブス・アルミニウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
J・アルミニウス

ヤーコブス・アルミニウス(Jacobus Arminius, 1560年 - 1609年10月19日)は、オランダネーデルラント連邦共和国)の神学者ヤーコブ・ヘルマンスゾーン(Jakob Hermanszoon)ともいう。

1576年からライデン大学に学び、1582年にはジュネーヴに留学してテオドール・ド・ベーズの講義を聴講した。1588年からオランダ改革派として活動し、カルヴァン予定説を攻撃したコールンヘルトを反駁するために研究を進めるうちに、「神は万人に救いを提供し、神の恩寵を受け容れるかどうかは各人の自由意志に任されている」という、カルヴァンの教説をやわらげる結論に到達した。

1603年、彼がライデン大学神学部の教授に招聘されるにおよんで、オランダ共和国を揺るがすほどの神学論争が巻きおこる。論争が未解決のうちに1609年、アルミニウスが没し、その後任に彼の弟子であるフォルチウスが任命されたのに対して、自ら神学者をもって任じていたイングランド国王ジェームズ1世は憤り、アルミニウスの著書を焼き捨てるよう公然と命じた。そのことは、オランダ国内の対立をいっそう深刻なものとし、少数派であったアルミニウス派(レモンストラント、Remonstrant)は、残忍な迫害を加えられた。

参考文献[編集]

  • Arminius, Jacob (1853). Nichols, James; Bagnall, W. R.. eds. The Works of James Arminius, D. D., Formerly Professor of Divinity in the University of Leyden, Volume I. Buffalo, NY: Derby, Miller, and Orton.
  • Arminius, Jacob (1853). Nichols, James; Bagnall, W. R.. eds. The Works of James Arminius, D. D., Formerly Professor of Divinity in the University of Leyden, Volume II. Buffalo, NY: Derby, Miller, and Orton.
  • Arminius, Jacob (1853). Nichols, James; Bagnall, W. R.. eds. The Works of James Arminius, D. D., Formerly Professor of Divinity in the University of Leyden, Volume III. Buffalo, NY: Derby, Miller, and Orton.
  • Bangs, Carl (1985). Arminius: A Study in the Dutch Reformation. Grand Rapids: Asbury Press. ISBN 0310294819.
  • Israel, Jonathan (1995). The Dutch Republic: Its Rise, Greatness and Fall, 1477-1806. Oxford: Oxford University Press. ISBN 0198730721.
  • Leeuwen, Theodoor Marius van (2009). Arminius, Arminianism, and Europe: Jacobus Arminius (1559/60-1609). Boston: Brill Academic Publishers. ISBN 9789004178878.
  • Olson, Roger E. (2006). Arminian Theology: Myths and Realities. Downers Grove, IL: IVP Academic. ISBN 0830828419.
  • Picirilli, Robert E. (2002). Grace, Faith, Free Will: Contrasting Views of Salvation. Nashville: Randall House Publications. ISBN 0892656484.

日本語訳[編集]

関連項目[編集]