ヤン・ハヌシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤン・ハヌシュJan Hanuš, 1915年5月2日 - 2004年7月30日)は、チェコ作曲家

プラハ出身。プラハ音楽院在学中に、オタカル・イェレミアーシュ作曲を学んだ。卒業後、音楽出版社に勤務し、アントニン・ドヴォルザークズデニェク・フィビフの楽譜出版に関わった。その後チェコ音楽教育協会の会長となり、またプラハの春音楽祭の実行委員を務めた。

第二次世界大戦後の10年近くは感傷的で国民主義的な作品を作っていたが、1950年代後半からドラマチックな傾向を示して表現を革新し、さらに電子音楽と伝統音楽を融合させた。1970年代から1980年代にはそれまでの作風を統合した。

ファシズム共産主義に反対し、1989年ビロード革命が発生すると、共産主義政権から与えられた賞をすべて返上した。

作品[編集]

舞台音楽[編集]

  • オペラ『炎』(1944)
  • バレエ『塩は金に勝る』(1953)
  • 舞踊劇『オセロ』(1955)
  • オペラ『プロメテウスのたいまつ』(1961)
  • オペラ『一夜のおとぎ話』(1961)

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番(1942)
  • 交響曲第2番(1951)
  • 交響曲第3番(1956)
  • 交響曲第4番(1960)
  • 交響曲第5番(1964)
  • 交響曲第6番(1978)
  • 交響曲第7番(1989)

管弦楽曲[編集]

  • 『塩は金に勝る』第1組曲(1952)
  • 『オセロ』第1組曲(1956)
  • 『オセロ』第2組曲(1956)
  • 3つのエッセイ(1975)
  • ヴァイオリン協奏曲(1986)

文献[編集]

  • Müller, Harald. 2001. "Hanuš, Jan". The New Grove Dictionary of Music and Musicians, second edition, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell. London: Macmillan Publishers.