モートン・ハルペリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モートン・ハルペリン(Morton H. Halperin、1938年6月13日 - )は、アメリカ合衆国政治学者。専門は、外交政策論、核戦略論。現在、外交問題評議会上級フェローおよびオープン・ソサエティ財団上級顧問。

コロンビア大学卒業後、イェール大学で博士号取得。ハーバード大学を経て、ジョンソン政権時代に国防次官補代理(1966-1969年)、ニクソン政権時代に国家安全保障会議メンバー(1969年)、そしてクリントン政権時代には大統領特別顧問、国家安全保障会議メンバー、国務省政策企画本部長(1998-2001年)などを歴任。

また、1984年から1992年までアメリカ公民権連盟(America Civil Liberties Union)のワシントンDC支部長を務めた。

発言[編集]


著書[編集]

単著[編集]

  • Limited War in the Nuclear Age, (Wiley, 1963).
  • China and the Bomb, (Praeger, 1965).
  • Contemporary Military Strategy, (Little, Brown, 1967).
  • Defense Strategies for the Seventies, (Little, Brown, 1971).
  • Bureaucratic Politics and Foreign Policy, (The Brookings Institution, 1974, 2nd ed., 2006).
山岡清二訳『アメリカ外交と官僚――政策形成をめぐる抗争』(サイマル出版会, 1978年)
  • National Security Policy-making: Analyses, Cases, and Proposals, (Lexington Books, 1975).
  • Nuclear Fallacy: Dispelling the Myth of Nuclear Strategy, (Ballinger, 1987).
岡崎維徳訳『アメリカ新核戦略――ポスト冷戦時代の核理論』(筑摩書房, 1989年)

共著[編集]

  • Strategy and Arms Control, with Thomas C. Schelling, (Twentieth Century Fund, 1961).
『戦略と軍備管理』(防衛研修所, 1963年)
  • Communist China and Arms Control, with Dwight H. Perkins, (Praeger, 1965).
  • Freedom vs. National Security: Secrecy and Surveillance, with Daniel Hoffman, (Chelsea House Publishers, 1977).
  • The Democracy Advantage: How Democracies Promote Prosperity and Peace, with Joseph T. Siegle and Michael M. Weinstein, (Routledge, 2005).

編著[編集]

  • Sino-Soviet Relations and Arms Control, (MIT Press, 1967).

共編著[編集]

  • Readings in American Foreign Policy: A Bureaucratic Perspective, co-edited with Arnold Kanter, (Little, Brown, 1973).
  • United States-Japanese Relations, the 1970's, co-edited with Priscilla Clapp, (Harvard University Press, 1974).
  • The U.S. Constitution and the Power to Go War: Historical and Current Perspectives, co-edited with Gary M. Stern, (Greenwood Press, 1994).
  • Protecting Democracy: International Responses, co-edited with Mirna Galic, (Lexington Books, 2005).

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]