メシュエン条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メシュエン条約英語:Methuen Treaty, ポルトガル語:Tratado de Methuen)は、1703年イギリスポルトガルの間で締結された通商条約。調印はリスボンでなされた。メシュエン通商条約とも称する。

概要[編集]

1580年から1640年にかけて、ポルトガルはスペインに併合されていた。独立戦争を経て再び独立を取り戻すが、その際に国土が荒廃してしまった。その地にぶどうオリーヴを生産したため、ポルトガルでは17世紀後半よりワインの生産量が増加していた。その最大の取引先がイギリスであり、対英関係が重視されることになった。こうした中、1703年、イギリス大使のジョン・メシュエンとポルトガルのアレグレテ侯の間で結ばれた通商条約がメシュエン条約である。

この条約によって、ポルトガルは従来の保護貿易政策を転換させた。すなわち、ポルトガルはイギリス産毛織物の輸入を受け入れることになった。その代償として、イギリスはフランス産ワインより低い税率でポルトガル産ワインを購入することになった。

メシュエン条約の締結後、ポルトガルのワイン輸出は増大した。しかし、イギリスからの毛織物の流入はそれ以上であり、ポルトガル自国の毛織物産業は壊滅的な打撃を受けた。こうして、徐々にポルトガルはイギリス経済の従属下におかれることになった。17世紀末にポルトガルのブラジル植民地英語版で金鉱が発見されゴールド・ラッシュが発生したが、その利潤もほとんどがイギリスに流出した。また、ポルトガルを通じてイギリスはブラジル植民地へも市場拡大を果たすことになった。こうして、ポルトガル海上帝国は、イギリス帝国の傘下へと組み込まれることとなった。

関連項目[編集]