ムアンパンガー郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯8度26分36秒 東経98度31分5秒 / 北緯8.44333度 東経98.51806度 / 8.44333; 98.51806

ムアンパンガー郡
位置画像
ムアンパンガー郡の位置
情報
タイ語名 อำเภอเมืองพังงา
パンガー県
地理番号 8201
郵便番号 82000
統計
面積 549.552 km2
人口 38,426 人 (2005年)
人口密度 69.9 人/km2
行政
テンプレートを表示

ムアンパンガー郡とは、タイ南部・パンガー県にある郡(アムプー)。同県の県庁所在地(ムアン)でもある。

名称[編集]

パンガーの名前は地元を流れるパンガー川から来ている。このパンガーの語源はプーガー (ภูงา, 象の牙の山) から来ていると言われる。

歴史[編集]

アユタヤ王朝時代はナコーンシータンマラート王国の属国タクワパーの管轄下にあった。1809年ラーマ1世が崩御すると、ビルマが攻めてきてタクワパーを荒らした。このため、タクワパーの住民が多くパンガーに移住してきた。その後、ラーマ3世(ナンクラオ)はここにムアンパンガーを建設し、プラヤー・ボーリラックプートーン (セーン・ナ・ナコーン) を国主として置き、バンコクの直接の支配下においた。

その後、ターイチャーン郡として成立。1938年、県の名前に合わせてムアンパンガー郡に改称された[1]

地理[編集]

市街地はパンガー川の形成した平地にある。主な市内の水源はパンガー川やラー川である。郡北部や西部はプーケット山脈の一部である山岳地帯になっており、郡南部にはパンガー湾に面している。山岳地帯にはサナーンマノーラー森林公園トーン・パリワット野生生物保護区がある。南の海岸はパンガー湾国立公園として保護されている。

国道4号線が東西に通っており東にアーオルック方面、西にタクワトゥン方面とつながっている。415号線が郡南部から北東に延びておりタッププット方面と、国道490号線が北西に延びており、カポン方面とつながっている。

経済[編集]

郡内の主な産業は農業漁業である。このうち農業では果物などの食品の他に、アブラヤシ(用途は様々)やパラゴムノキ(天然ゴムの原料)なども生産されている。

行政区分[編集]

郡は9のタムボンに分かれ、さらにその下位に42の村(ムーバーン)がある。自治体(テーサバーン)があり以下のようになっている。

また郡内には7のタムボン行政体(オンカーンボーリハーンスワンタムボン)がある。

  1. タムボン・ターイチャーン・・・ตำบลท้ายช้าง
  2. タムボン・ノッププリン・・・ตำบลนบปริง
  3. タムボン・タムナムプット・・・ตำบลถ้ำน้ำผุด
  4. タムボン・バーントゥーイ・・・ตำบลบางเตย
  5. タムボン・タークデート・・・ตำบลตากแดด
  6. タムボン・ソーンプレーク・・・ตำบลสองแพรก
  7. タムボン・トゥンカーゴーク・・・ตำบลทุ่งคาโงก
  8. タムボン・コパンイー・・・ตำบลเกาะปันหยี
  9. タムボン・パーコー・・・ตำบลป่ากอ
 Map of tambon

脚注[編集]

外部リンク[編集]