ミリン・ダヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミリン・ダヨ(Mirin Dajo、1912年8月6日 - 1948年5月26日)はオランダ生まれのスイスで死去したオランダ人男性。本名アーノルド・ヘンスケンズ(Arnold Henskes)。

1945年から1947年にかけ、胴体の様々な箇所に西洋の槍状剣を突き刺し貫通させ抜かせることを繰り返し、死ぬどころか出血多量や重傷にも全くならないという超常現象まがいの行為を写真や動画映像に残した謎に満ちた人物である[1]

釘を食べ、医者に麻酔をかけずに取り除いてもらえという啓示を受け、実際に釘を食べて医者に取り除いてもらった2日後に死去した。この際医者に麻酔をかけないよう伝えるのを忘れたため、麻酔を打たれての除去手術だったというが、その死が麻酔によるものなのかは不明[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 佐藤健寿 (2007年6月13日). “ミリン・ダヨ 不死身の身体を持つ“奇蹟の男””. X51.ORG. http://x51.org/x/07/06/1300.php 2015年6月2日閲覧。 

取り扱われた番組[編集]